Pocket

引用:Tesla is at risk of losing its market dominance: analyst

Tesla (TSLA) bulls shouldn’t get too comfy with the company’s market dominance continuing unabated, warns Guggenheim analyst Ali Faghri.

“Our balanced view [on Tesla] is based on: 1) a favorable near-term setup — with demand outpacing supply, we see visibility to volume upside in 2022 and 2023 as new factories in Austin and Berlin ramp; 2) competitive advantage over all original equipment manufacturers today, including a high degree of vertical integration, a software defined vehicle approach, a dedicated charging network, and greater battery capacity; 3) increasing competition, from both legacy players and new EV-only entrants, and as a result, we see risk of moderating global EV share for Tesla from current lofty levels (especially post 2023 as competitors scale capacity),” explained Faghri in a note to clients on Monday.

Faghri initiated coverage on Tesla at a Neutral rating with a $925 price target.

Tesla shares currently trade at $902, down 20% over the past month as CEO Elon Musk has sold large chunks of stock to satisfy tax obligations. Musk has unloaded nearly $12 billion worth of Tesla’s stock since Nov. 8.

テスラ(TSLA)の強気は、同社の市場支配が衰えることなく続いていることに安心してはいけないと、グッゲンハイムのアナリスト、アリ・ファグリは警告している。

「テスラに対する)我々のバランスの取れた見方は、以下に基づいている。1) 短期的には有利な状況-需要が供給を上回っており、オースティンとベルリンの新工場が立ち上がる2022年と2023年には台数の上振れが見込まれる。2) 高度の垂直統合、ソフトウェア定義車両アプローチ、専用充電ネットワーク、大容量バッテリーなど、現在のすべてのOEMメーカーに対する競争優位性がある。3)レガシーメーカーとEVのみの新規参入企業の両方から競争が激化しており、その結果、テスラのEV世界シェアが現在の高水準から緩やかになるリスクがある(特に競合他社が生産能力を拡大する2023年以降)」と、ファグリは月曜日の顧客向けメモで説明しています。

FaghriはTeslaのカバレッジを中立とし、目標株価を925ドルとしました。

テスラの株価は現在902ドルで、過去1カ月間に20%下落した。イーロン・マスクCEOが納税義務を果たすために株式を大量に売却したためだ。Musk氏は11月8日以来、約120億ドル相当のテスラ株を手放している。

To Faghri’s thesis on Tesla, it does appear the company has already lost market share as legacy automakers begin their foray into the hot electric vehicle market.

Tesla held 66.3% of EV registrations in the second quarter of this year, lower than the 79.5% it held one year ago, according to data from Experian. GM-owned Chevrolet saw its share of EV registrations rise to 9.6% from 8.3% a year earlier. Ford, Nissan and Audi also picked up market share in the EV industry, per Experian’s data.

Continued Faghri, “We expect electric vehicles (EVs) to reach 14% of global sales by 2025 and 36% by 2030, representing an ~30% compound annual growth rate over the next decade. EV adoption will be driven primarily by tightening global emissions regulations and increased commitment by legacy automakers to electrification. We also see improving cost of ownership and vehicle performance/safety benefits as key drivers of growing penetration of EVs globally.”

The analyst initiated coverage of Tesla rival Lucid with a Neutral as well. Price target: $38, relatively in line with current trading levels.

But Faghri isn’t totally down on Tesla, as he outlined an upside price target of $1,963.

“Further traction with AV/robo-taxi efforts, delivering on extraordinary battery cost improvement targets, and potential for a high volume ‘Model 2’ in the $25k price range,” said Faghri on what it would take to become more bullish on Tesla’s stock.

ファグリ氏のテスラに関する論文によると、レガシーな自動車メーカーがホットな電気自動車市場に参入し始めたため、テスラはすでに市場シェアを失っているようである。

エクスペリアンのデータによると、今年第2四半期のテスラのEV登録台数は66.3%で、1年前の79.5%を下回っている。GM傘下のシボレーは、EV登録台数のシェアが1年前の8.3%から9.6%に上昇した。また、フォード、日産、アウディもEV業界でシェアを伸ばしています。

さらにファグリは、「電気自動車(EV)は、2025年までに世界販売台数の14%、2030年までに36%に達し、今後10年間の年平均成長率は約30%になると予測しています。電気自動車の普及を後押しするのは、主に世界的な排ガス規制の強化と、従来の自動車メーカーによる電動化への取り組みです。また、所有コストの改善や自動車の性能・安全性の向上も、EVの世界的な普及を促進する主要な要因であると見ています。”

このアナリストは、TeslaのライバルであるLucidについてもNeutralでカバレッジを開始しました。目標株価は38ドルで、現在の取引水準と比較的一致している。

しかし、ファグリはテスラを完全に否定しているわけではなく、1,963ドルの目標株価を提示しています。

AV/ロボタクシーへの取り組みがさらに進むこと、並外れたバッテリーコスト改善目標を達成すること、25000ドルの価格帯で「モデル2」を大量生産する可能性などだ」と、ファグリ氏はテスラの株価をより強気にするために必要なことを述べた。

<おすすめ記事>

【科学が証明】第二言語習得論 このおすすめの学習ツールで英語をマスターする
【株式投資でマネーマシンを作る】管理人のポートフォリオ・スペック
(管理人は米国株式に投資をしているので、英語学習をするようになりました。勉強をする意義があると継続できるし、苦痛が少なくて済むとおもいます)

テスラの蓄電池(パワーウォール)について

Pocket