Pocket

 

SNSと人格形成

 

Netflix のドキュメンタリー「The Social Dilemma(邦題:監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影)」 を観ました。Facebook や Twitter などの SNS が何を目的にどうやって作られているかを解説する番組ですが、同じく SNS である PhotoShare を運営していた私としては、色々と思い当たる節もありますが、一つだけ当時の私が気がついていなかった重大な事実があることに気がつきました。

 

それは、ティーンエージャー向けのSNSを提供するということは、単に彼らから勉強する時間を奪うだけではなく、彼らの人格形成に多大なる影響を与えることを意味する、と言う事実です。

 

ゲーム業界では、バイオレンスなゲームが、子供たちを乱暴な行動に走らせる可能性があるという話がしばしば話題になりますが、それとはレベルが違う話です。

 

ゲームの世界でのバイオレンスは、仮想世界でのバイオレンスでしかなく、そこで何をしようと、誰かが傷つくわけでも死ぬわけでもありません。仮想世界と現実世界の違いが明確である限り、それが子供たちの人格形成に直接的・根本的な影響を与える可能性は少ないと思います。

 

しかし、SNSの世界はリアルの世界なのです。SNS 上の友達は、(たとえ会ったことがなくても)本当の友達であり、SNS 上のいじめは本当のいじめなのです。SNS上の発言で、人を傷つけることは可能だし、その結果、自殺に追い込まれている子供たちも大勢いるのです。

 

人の人格形成において、子供の頃の周りの人たちとのやりとりはとても重要な役割を果たしていますが、今では、そのやりとりのほとんどがSNS上で行われていることに、そろそろ私たちは気づかなければならないのです。それも、そのやりとりは単なる言葉だけではなく、写真や映像を含む、(電話や手紙と比べると)情報量の多い、リアルな世界のコミュニケーションに近いものになりつつあります。

 

それでも、SNSが、電話や手紙のように単なる「受け身のツール」であれば、影響は大したことはありません。しかし、SNSは、「The Social Dilemma」に解説されているように、広告収入を最大化するために、ユーザーに中毒症状を起こさせるように設計されているのです。それも、単にプログラマーが「こうすれば、もっと病みつきになるはず」とアルゴリズムを組んでいるのではなく、ユーザーから集まる莫大なデータを活用して、感情を刺激し、病みつきになるように改良し続ける自己学習型のアルゴリズムから構成されているのです。

 

つまり、現代の子供たちは、FacebookやTwitterのエンジニアたちが、最新の機械学習の機能を駆使して作った広告収入を最大化するための人工的な土俵の中で人格形成をしていると言えるのです。エンジニアたちの「利益を最大化する」ための行動が、何百万、何千万人の子供たちの精神的な成長に、直接的・根本的な影響を与えているのです。

 

私は、PhotoShare を運営しているときに、16~17歳ぐらいのティーンエージャーが、PhotoShare に一日4時間も張り付いていることに罪悪感を抱いていましたが、その時の罪悪感は、単に「勉強する時間を奪って申し訳ない」程度のものでしたが、実際はそんなレベルではないのです。

 

彼らをターゲットにした SNS を提供すると言うことは、彼らの人格形成に直接的かつ多大なな影響を与える役割を果たしていることを意味するのです。この問題は「バイオレンス・ゲーム」が子供たちに与える影響なんかよりも、はるかに危険視されるべき大きな問題なのです。

 

引用 週刊 Life is Beautiful 2020年11月25日号

 

Pocket