Pocket

さて、今回は自己啓発と成功という事に関して考えていきたいと思います。
僕は成功法についてある程度確立されたものを持っています。

 

といっても、他の成功者が言うようにフクザツなものではありません。

 

成功の原則、それは・・・

 

~~~~~~
読書+音声
~~~~~~

はい、これが全てです。

 

 

 

僕が話したいのは、次の事実です。

音声を何度も聴けば、思考の流れが形成される

↓↓↓

良質な思考の流れは、良質なビジネス哲学(ビジネスマインド)を形成する。

ということです。

この思考の流れを作るのに、音声を通じて、成功者の思考の流れを入れ続けるのが、

一番早いということです。

 

ビジネスにおいて、いや能力や人の成長に関して、
むしろ人生で起こること全てに関してポジティブで楽しく、結果を出すこと、
この楽しく成功する思考というのは、正しい思考を毎日行なっているからです。

 

サラリーマンやっていると、なかなかネガティブな考えばかりに触れて、
ポジティブな人というのは少ないように思います。

しかし、こうした音声を聴きまくれば、だんだんポジティブな
ビジネス哲学(投資マインドとか、ビジネスセンスとか)が身について来るのが分かるでしょう。

 

今のあなたの現在地からゴール(成功)へ到達するための
には思考の流れが必要です。

 

縦糸と横糸で構成された碁盤の目みたいな線をイメージしてください。
現在地とゴールはいくらか離れていて、思考の流れに乗って結ぶ経路が必要になります。

成功者は一瞬で目標と現状を結んで、 足りない部分を認識して早速行動に移します。
ビジネスマインド(ビジネス哲学)がちゃんと見に付いているからです。

思考の流れというのは、ニューロンを流れる電気信号です。
思考の正体は、ニューロン間を流れる微弱な電気信号です。

例えば、犬を見て怖いという信念(想い、定義)を持っている人は、
犬という視覚情報が脳みそに入って来た時、 その思考の流れは、「恐怖」というニューロンを刺激するように 電気が流れます。

 

これが思考の正体で、その思考の流れというのは、
何度か考えた事がある場合に強化(思考の流れが形成)されます。

つまり、 犬→怖い、 犬→怖い、 犬→怖い・・・

 

これを繰り返すと、ニューロン同士の結合が強化されて、
犬=怖いという「信念(哲学)」を形成することになります。

 

人間は賢いので、これを塗り替えることができます。
しかし、有意識では無理です。

 

無意識レベルに、 犬→かわいい とかいう 信念を刷り込まなければなりません。
これをするには、例えば犬について可愛さ、聡明さ、利口さ、従順さを説いて いる人の セミナーCD を聴くとか・・・(そんな CD あるかは知りませんが)。

 

ともかく、そういう事なのですが、ビジネスで成功できない人というのは、
間違った信念(思考の流れ)を持っています。

例えば、普通の人には何でも無いような物事を見て、
成功者は、ビジネス・アイディアになるような刺激
を受け取ったりしています。思考の流れです。

 

こういう思考の流れを得るには、セミナー映像・音声を、
何回も何十回も聴くのが、経験上も、理論上も一番早く、

 

そして成功している人は皆例外なくこの原則を利用しているか、
たまたま親戚とか親とかが、商才があって、 そういう人の思考にいつも触れていたということです。

 

では、そうじゃない人は成功できないのでしょうか?

YES。 ほとんど、成功できません。

でした。昔は。

 

 

今は違います。

周りに成功者がいなくても、今は音声を聴けば成功できる時代になっちゃいま した。

成功者の思考をパクれるのです。

 

成功者のセミナーを何度も聴かなければならない理由そのものです。
その思考をパクって下さい。

<成功者の思考が学べるセミナー>

いつの間にか、ポジティブで、ビジネスの見識眼が鋭くなっているでしょう。
これは、聴けば聴くほど強化され、かつ潜在意識に落ちていきます。

 

知識は、読書や音声から得られます。

主に読書です。

これにより、ニューロンの組み合わせの材料は整うでしょう。

 

つまり、本をいっぱい読んで、ビジネスの知識をあなたの脳みそに入れると、
ニューロン(知識。正しくは、ニューロンの組み合わせが知識)が育って、 この縦糸と横糸の網目みたいなものが、フクザツ化されます。

 

しかし、読書は正しい知識とビジネスに直接関係無い知識を
あまり整理してくれませんので、雑多な「ビジネスの知識」として入っていきます。

 

いわゆる知識太りというやつです。

読書家でもあまり成功できないケースがあるのは、

成功した人もそうじゃない人も、「知識がある人」「その分野に詳しい人」の本を読んじゃってるからです。

でも、それは成功マインドでは無いかもしれません。

 

成功マインドを手に入れたければ、正しいビジネスマインド、正しい成功マインドを持っている人、要するに成功者の音声を聴かなければなりません。

これが、読書を補完する成功者の音声というやつです。

 

しかし、セミナーで解説しているビジネスマインド(今回はシステム化と起業)は、

音声だけでの説明は難しいので、

板書による理解の促進を行なっています。

なので、最初は映像を見る必要があります。

レジュメも用意しました。

 

板書の画像(当日板書を見やすいように画像化したもの)も用意しています。

真剣に学んで下さい。

真剣に学べば、次回は、板書を見ながら、 または音声だけで内容が思い出せるようになるでしょう。

そしたら、知識は OK です。

 

知識は OK ですが、それだけでは、セミナーの内容の20%しか吸収したことに なりません。

それでは、成功できません。

セミナーの内容を100%吸収するには、 僕の思考をパクる必要があります。

目安として、30回、音声を聴いて下さい。

 

iPod に入れる、携帯に音声を入れる、CD を焼く、

手段は何でも良いので、

 

 

移動中、机の上で、ともかく音声をひたすら聴ける環境を整えて下さい。

繰り返します。

 

 

初回は、板書とレジュメを見ながら学んで下さい。 音声だけで理解するのは非常に難しいからです。

2回目以降は、板書の写真やレジュメ・自分のメモを見ながら、 内容を思い出せる程度に、音声・思考の流れメインで聴いて下さい。

慣れてきたら、何も見ずに、音声だけで内容を思い出せるようにして下さい。

速聴(倍速視聴)とかは、特に必要無いと思います。

 

 

 

 

事業を見て、人は「アイディア勝負」とか言いますが、そのアイディアは数十のアイディアの中から出てきたものなので、見た目以上に確実性があります)。

なので、ぜひともセミナー映像は 1回の視聴で終わる「ノウハウ」としてではなく、

思考の糧、思考の流れを形成する一助となるよう、 普段の移動や生活の中で、隙あらばという感じで聴いていて下さい。

一緒に祝杯をあげられる日を楽しみにしています。

Pocket