Pocket

デジタル化により、製品、サービスなどにかかるコストは著しく低下した。

これまでよりも効率的に利用できるようになった結果、
その市場への新規参入障壁がかなり低くなった。

そしてそれまでの市場の伝統を壊すように、
デジタルを利用した、新たなビジネスモデルは
たくさん生まれている。

 

今回の記事では個人でも参入できそうな、
新しく生まれたデジタルを利用した
ビジネスモデルを紹介し、今後の個人の在り方を解説します。

 

投資アドバイザー

 

個人投資アドバイザー業は、
アメリカの市場で急成長を遂げている
セグメントである。

 

フィデリティやチャールズ・シュワといった証券会社から
株価、企業情報をみることができる手軽な情報・分析ツール
を購入しさえすれば、あとは自力で消費者に助言する事ができます。

 

 

混乱が落ち着くまで待ってはいけない

急速な技術革新の混乱に直面した場合、
行動は早ければ、早いほどよい。

 

どの技術が主流になるまで様子を見る事は後発に回る可能性を高くし
新技術が業界をひっくり返した後では、市場への参入をより難しくする。

 

すぐに古くなる仕事のスキル

技術変化による攪乱は製造業のライン作業だけでなく
人間同士の調整、問題解決等の相互のインタラクションを必要とする
職務までにも及んできている。

 

技術革新は産業分野や地理的な範囲に限定されることなく、
職務の内容を全般に変えていくため、個人に求められるスキルは
急速に変化する。

 

今後10年間の間に、世界では
高度にスキルを持った労働者が4000万人不足し
中程度のスキルを持った労働者が4500万人増え
低スキルの労働者が9500万人余剰すると言われている。

 

今日ではMSワードやパワーポイント、アウトルックといったソフトが扱えるという事が
採用条件に含まれているのは普通でさらに会計ソフト、データベース、ウェブデザインソフトの
操作能力なども要求されている。

 

2次関数状にテクノロジーが進化するように
労働者に求められる技術も並行してより高度になっているのだ。

 

 

Pocket