Pocket

今回実践した台はスロットバジリスクⅢです。

 

実践開始して3000円で弱チェリーを引き高確状態へ移行し、

続けて強チェリーを引き、人別帳CZへ突入。

 

赤までステップアップするも、

チャンスを逃してしまいました。

 

それから1万円投資するも、CZにも入ることなく、

「そろそろ移動しようかな」と考えていました。

 

 

すると何気なく引いた巻物で、

猪狩り演出のタイトル花火柄でした。

 

 

「ボーナス引いたかな?」なんて思っていると、

やはりボーナスでした。

 

「少し設定差のあるところ引けたな、早めに揃えよう」

と青を狙うも揃わず、「黄色か?」と黄色を狙うも揃いません。

 

半蔵 亨太郎

 

まさかと思った瞬間、画面に表示されたのは白バー(1/32768)、

なんと初打ち初ボーナスが白バーという奇跡を引いてしまいました。

 

 

 

さすがにフリーズはなかったですが、

ボーナス中にストックを4つ獲得し、ひとまずは安心の展開。

 

 

そしていざARTのレバーを叩くと背景は赤、

ということは…きました天膳!走ってきました。

 

 

 

 

「これで元は取り返せるかな」と思ってARTを消化していると、

瞳術チャンスやストックなどでどんどん継続していきます。

 

そして1000枚ほど出て、ストックもまだ複数個残っている状態。

その争忍の刻中に強チェリー、赤背景で激熱の文字が出現しました。

 

「ストックもらったかな」
と思っていると、その2ゲーム後に赤背景の確定の文字…。

 

 

「あっ、ボーナスだ」とナビを消化し、

画面に表示されたボーナスに驚愕しました。

 

スポンサーリンク

 

「白か……んっ⁉︎白っ⁉︎」

 

完全に二度見してしまいました。
なんと白バーを2連続で引いてしまったのです。

 

そしてこの白バーでもフリーズは無いものの、

瞳術揃いで2つ、レア小役で2つの計4つのストックを獲得しました。

 

こうなるといよいよ終わりません。

 

ループ率とストック、

時々ボーナスで出玉を2000枚、

3000枚と増やしていきました。

 

 

そして出玉も4000枚に迫ろうとしていた争忍の刻に勝利し、

PUSHボタンをした時に、いつもと違う演出が始まりました。

 

一瞬フリーズと勘違いしましたが、天膳VS弦之助の鬼哭啾々だったのです。

勝てば真瞳術チャンスというプレッシャーの中で、気が付けばラスト1ゲームのレバーオンでした。

 

 

そして最終ゲームの為、天膳が攻撃をしてきます。成立役は弱チェリーでした。

 

「今回は厳しいかな」と演出スキップのレバーオンした直後、

けたたましい音が鳴り響き、画面には真瞳術チャンス確定の文字。半ば諦めかけていた為、喜びは倍増でした。

 

そしてこの真瞳術チャンスでストックを5個獲得しました。

 

ですがここからは目立った上乗せも無く、

ストックを消費しながら、地道に継続を繰り返していきました。

 

ストックも無くなり、弦之助がやられて、画面にはバジリスクタイム終了の文字。

そしてついにレバーオンでエンディングへ移行し、長かったARTも終焉の刻を迎えました。

 

結果としては、投資が約500枚、回収が約6400枚で約5900枚のプラス収支でした。

 

バジリスク3 解析

プレミアムバジリスクチャンス(白バー)

発生確率 1/32768
契機 白BAR揃い
獲得枚数 204枚
性能 高モードART確定
消化中は瞳術揃い高確率

 

発生確率1/32768のプレミアムバジリスクチャンスは

200枚の純ボーナスと高ループのARTストックとなります。

 

フリーズは恐らく白バーの1/2で発生だと予想されます。

 

瞳術チャンス・真瞳術チャンス

 

20G継続する上乗せゾーンです。

 

「瞳術チャンス」中のセット上乗せ確率 約1/80

1回の平均上乗せセット数 0、25個

 

なので1回のチャンス中には上乗せしないことがざら。

 

 

新瞳術チャンスは決着後の一部で突入する「鬼哭啾々」の勝利で突入します。

発生時は10G間、天膳とのバトルとなり勝利すれば特化ゾーン「新瞳術チャンス」突入となります。

 

なお、消化中は全小役で勝利抽選を行っており、特にレア小役成立時はチャンスとなる。

 

▼鬼哭啾々中の真瞳術チャンス当選率▼
弱役 弱チェ 巻物 強役
2.3% 6.3% 12.5% 100%

 

真瞳術チャンスも突入しやすくなってますが、
それでも突入までのハードルは高いです。

突入契機は鬼哭啾啾での天膳撃破ですが、
天膳がむちゃくちゃ固いので撃破できません。

 

 

 

Pocket