Pocket

Qualcomm to Acquire NUVIA: A CPU Magnitude Shift

Qualcomm が NUVIA という CPU デザインの会社を $1.4 billion で買収したという報道です。ウェブサイトを見ると、会社のミッションとして “Our mission is to reimagine silicon in a new way, and create computing platforms that redefine performance for the modern data center.” と書かれているので、本来はデータセンター向けの CPU を作る会社だったようです。

NUVIAの「Performance Delivered a New Way」というページには、消費電力あたりの性能で、ARMプロセッサがx86プロセッサよりもはるかに優れていることを示した上で、NUVIA の独自のCPUは、さらにその上をいくと宣言しています。

これが本当であれば、ARM を Nvidia に買収されそうな Qualcomm にとってはとても魅力的な企業のように見えます。いきなりモバイルデバイス向けに独自のCPUコアを使うことができるとは思いませんが、まずはデータセンター向けのチップとしてビジネスを立ち上げ、うまくツール関係が整備されれば、Chromebook や Android ケータイ市場を攻めることも視野にいれていると思います。

ちなみに、NUVIA は、元 Google、Apple、ARM、Broadcom、AMD などエンジニアから構成されており、それだけのタレントが一気に採用できるだけで、Qualcomm にとっては大きな収穫です。特に、CEOのGerard Williams III は、Apple でチップデザインのチーフ・アーキテクトをしてきた人であり、チップメーカーにとっては喉から手が出るほど欲しい人材です。

Gerard は、Apple で iPhone/iPad 向けのチップの設計をチーフ・アーキテクトとして担当していましたが、2019年の3月末に Apple を退社して(Apple loses engineer who oversaw iPhone, iPad processors)NUVIA を設立したのです。その後、Appleとの訴訟騒ぎもありましたが(Court allows Apple’s lawsuit against former iPhone chip designer)、2年も立たないうちに $1.4 billion での売却に成功したのです。

引用:週刊 Life is Beautiful 2021年3月2日号
(米国株を扱っている人、技術に興味がある人は、登録しておいたほうが良いメルマガです。)

Pocket