Pocket

歴史上最も成功した消費者ロボットであるルンバの共同発明者は、
家の中から外へと焦点を移し、今シーズンは、家庭菜園に利用可能な最初の除草ロボットと称されるTertill(カメと発音)を導入しています。

自律型でソーラー駆動の4輪駆動を備えたTertillは、
小さな草を探しては回転するストリングトリマーを使って除草作業を行います。

春から冬まで雨でも晴でも、
花壇や庭の野菜周りの除草作業ができるように設計されています。

 

8.25インチラウンドロボットのオンボードセンサーは、コースから外れたり、岩への衝突を防ぎます。
高キャンバーアングルホイールは、ロボットの端にサポートポイントを配置し、転倒を防ぎ、邪魔にならないようにします。

現在、フランクリンロボティクスの共同設立者兼CTOであるジョーンズは、
農場でのロボットの潜在的な用途が多いと思われるため、
農業用ロボットの用途を見つけることに興味を持っています。

「ロボット工学は本当に難しい。難しいのはエンジニアリングそのものではありません。アプリケーションは挑戦です。ロボットが長所を活用し、弱点に悩まされないアプリケーションを選択する必要があります。慎重に分野を選択する必要があります」と彼は言いました。

 

彼は庭を除草するロボットを考案しました。
畑の除草機と庭の除草機では異なるアプローチを使用できるため、
費用対効果の高い製品を製造できるようになりました。

ロボット工学者が畑で取っているアプローチは、
センサーを使用して雑草と作物を視覚的に区別することです。

「機能が十分すぎ、品質過多」であると考えました。

 

視覚的な識別アプローチを使用する代わりに、彼は機械的なソリューションを選択しました。「Tertillは高さだけで雑草と作物を区別します。バンパーの下に入るのに十分短い植物は、Tertillは雑草であると識別し、切り倒します。フロントバンパーに触れるのに十分な高さの作物は、あなたが望む植物として識別され、それから離れます」とジョーンズは言いました。

設計をするに当たってすべての課題はそれほど簡単に解決されませんでした。
それは試行錯誤の繰り返しです。

詳しくは記事にて。
製作をするに当たって思わぬ発見がありました。

ほとんどの雑草を殺しているように見えるのは、Tertillの継続的なパトロールであり、
それは発芽が起こって芽が強力な根系を確立することができないように土壌を乱します。
もしそうならハッカーを一切必要とせず、
転がって雑草を殺すだけのロボットを作ることができるかもしれません。
それは私が雑草を殺すためにあらゆるサイズのロボットを構築できることを意味します。

雑草の機械的根絶は、除草剤の使用よりもはるかに優れた解決策になることを期待しているところです

参考:https://www.asme.org/topics-resources/content/a-robot-to-weed-your-garden

Pocket