リチウムイオン」の検索結果

【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】全個体電池が最も魅力を発揮するところは、電荷液を有するリチウムイオン電池では適用できなかった電極材、例えば負極に金属リチウム、正極には高電圧系素材等をてきようすることで、エネルギー密度を大幅に向上させることである。

【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】全個体電池が最も魅力を発揮するところは、電荷液を有するリチウムイオン電池では適用できなかった電極材、例えば負極に金属リチウム、正極には高電圧系素材等をてきようすることで、エネルギー密度を大幅に向上させることである。

全固体電池の乗り越えるべき課題 課題の一つは、リチウムイオン電池電解液に劣らないイオン伝導率(充放電を担うリチウムイオンの移動特性によって決まる電気伝導度)を持つ全固体電解質の開発であり、もう一つは正極、負極の電極と固体 […]
【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】リチウムイオン電池の元素(NCM:ニッケル、コバルト、マンガン)戦略

【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】リチウムイオン電池の元素(NCM:ニッケル、コバルト、マンガン)戦略

自動車の電動化が進む中で、電池やモーターの開発は日々進んでいる。 その中で各元素の役割が極めて重要な位置にある。 中でもレアメタル(希少金属)が様々な機能を果たすことで重用されている。 しかし一方では、このような元素が世 […]
【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】リチウムイオン電池の発展と歴史的な転換点となる技術や大発見とは

【電池の覇者 EVの命運を決する戦い】リチウムイオン電池の発展と歴史的な転換点となる技術や大発見とは

リチウムイオン電池は、リチウムイオンが正極と負極の間を移動することで充電と放電が可能になる二次電池である。 一般には正極にリチウム金属酸化物、負極に炭素材料、電解液に非水系溶媒を用いる。 一方、電解質としてゲル状の高分子 […]
【二次電池が一番わかる】リチウムイオン電池の高性能化を追求する過程で、セパレータに求められる性能や機能も多様でハイレベルになっています。

【二次電池が一番わかる】リチウムイオン電池の高性能化を追求する過程で、セパレータに求められる性能や機能も多様でハイレベルになっています。

元来、セパレータの役割は3つで、電池一般にも通じるものです。 しかし、リチウムイオン電池の高性能化を追求する過程で、セパレータに求められる性能や機能も多様でハイレベルになっています。 セパレータの役割と求められる主な性能 […]
【二次電池が一番わかる】なぜリチウムイオンが高温・低温域で高電圧作動や高速充電ができ、安全で長寿命なのか?有機電解液の秘密

【二次電池が一番わかる】なぜリチウムイオンが高温・低温域で高電圧作動や高速充電ができ、安全で長寿命なのか?有機電解液の秘密

リチウムイオン電池では、正極・負極間をリチウムイオンが移動することで充放電が進みます。 電解液の主たる役割はそのリチウムイオンを運ぶことですが、それだけでなく、高温・低温域での高電圧作動や高速充電を可能にしたり、電池の安 […]
全固体リチウムイオン電池の開発

全固体リチウムイオン電池の開発

1 はじめに リチウムイオン電池は携帯機器の電源として既に広く使用 されている1-3).また,最近では電気自動車や産業用電池へ の応用が検討されている4).リチウムイオン電池の構造は比 較的単純で,負極活物質,正極活物質 […]
電気自動車の登場によりリチウムイオン電池は製品化されてから30年たったが、現在も進化を続けている。

電気自動車の登場によりリチウムイオン電池は製品化されてから30年たったが、現在も進化を続けている。

リチウムイオン電池は現代のエネルギーインフラの一つだ。リチウムイオン電池は30年も前にできたものだが、今もずっと使われ続けている。 リチウムイオン電池の最大の強みは軽くて何度も充電できることだ。 電池とは簡単に言うと、化 […]
【再エネ】太陽光発電の仕組みと特徴、蓄電設備、設置場所のあれこれ 結局得か損か?

【再エネ】太陽光発電の仕組みと特徴、蓄電設備、設置場所のあれこれ 結局得か損か?

太陽光発電の投資対象の見込みとしては利回15%確保できる案件ならokが判断基準になります。 太陽光発電の仕組みと特徴 太陽光をエネルギー源にして発電するデバイスはさまざまですが、結晶シリコン(半導体の素材)型が、現在、世 […]
全固体電池のあれこれ 日本の立ち位置は??注目企業は 量産はいつになるの

全固体電池のあれこれ 日本の立ち位置は??注目企業は 量産はいつになるの

【二次電池が一番わかる】次世代二次電池の開発戦国時代を統一する全固体電池とは? 全固体電池とは、電池を構成するすべての部材が固体である電池のことをいいます。 とはいえ、一般に電池材料の中で液体なのは電解液だけなので、「固 […]
【2040年の未来予測】電池は日本のお家芸

【2040年の未来予測】電池は日本のお家芸

現在、全固体電池に熱い視線を送るのは自動車業界である。   電気自動車(EV)の課題となっているのが、一回あたりの充電で走れる距離(構造距離)だ。 電気自動車だとどうしても車体のスペースが限られているため、電池 […]