Pocket

今回は長野県飯田市にある、新星カミサトで「モンスターハンター」の実践を行いました

 

当日は夕方からの実践で、店内稼働状況は50%未満でした。

何を打とうかと店内を徘徊していると、初代のモンスターハンターが目に留まりました。

データを見てみると前日はそんなに悪くなさそうでしたので、懐かしさも後押しして打ってみることにしました。

 

そんなモンスターハンターですが、

楽しい気分と淡い期待とは裏腹に当たる気配が無く、

ゲーム数だけが過ぎていきました。

 

 

 

 

私の美化されたイメージの中では、もう少しボーナスが軽く、

比較的ARTにも入っていた感覚だったので、現実と理想のギャップで私自身のテンションも徐々に下がっていくのでした。

 

 

 

そして迎えた1000ゲーム付近・・・前日に200ゲームほど回っているので、

据え置きならば1200ゲーム程で天井に到達するはずです。

 

スポンサーリンク

 

・・・が1200ゲームを華麗に突破し、リセットが濃厚になってしまいました。

 

しかし諦めるのはまだ早いです!あと200ゲーム回せば間違いなく天井で、

ART初期ゲーム数300ゲーム以上が確定するため、逆転のチャンスはまだあるのです。

 

 

 

そして天井まで残り50ゲームのところまで来たのですが、

ここで恐怖の強チェリーが登場しました。

 

 

 

疑似連1回の発展先は虫の木ミッションでしたので、大丈夫だろうと演出を見ていましたが、

主人公の選択したハンマーはなんと金色・・・「やばいな」冷や汗が止まりませんでした。

 

 

 

 

この直後に私は考えました、「運命はなんて残酷なんだろう」と・・・。

天井まで残り約30ゲームのところで引いた、悲劇のアイルーボーナスでした。

当然の如くアイルーボーナスでのART当選はなく、厳しい実践となるのでした。

 

心にぽっかり空いてしまった穴を埋めるように、その後も打ち続けますが、まったくもって見せ場なし・・・。

ついに軍資金も底をつき、今回の実践は強制終了となったのでした。

 

最終結果ですが、投資2500枚の回収0枚で、差枚がマイナス2500枚となりました。

 

天井前のレギュラーボーナス・・・いろんな機種でたくさん経験していますが、

これに関しては何回経験しても慣れそうもありません。

 

 

天井までのドキドキ感は、到達すれば気持ちの良いものですが、今回のような形になると精神的ダメージも財布へのダメージも計り知れません。

皆さんも天井を追う際は、お気を付けください・・・。

スポンサーリンク

Pocket