Pocket

今回は長野県飯田市にある、ダイナム飯田店で「サラーリマン金太郎 出世回胴編」の実践を行いました。

当日は平日の昼からの実践で、店内稼働率は50%程でした。

そんな店内を徘徊中に発見した「サラーリマン金太郎」に目を奪われていました。

私は「少しだけ遊んでみよう…」そう思い、軽い気持ちで座った私でしたが、この後大変なことが次々と起こっていくのでした…。

最初の異変は、開始数ゲームでハッピを引いた時に起こりました。
いつもなら空気のはずであるハッピ…なぜかこいつの煽りが異常に強いではありませんか!
「まさかね…」と考えながら遊戯を進めると、なんとボーナスに当選!その確率はなんと1%未満でした…。

そしてハッピでのボーナス当選が意味するものは…そうです!AT期待度の高い青七ボーナスの当選です。

そしてこの青七ボーナスをフル活用し、3つの金太郎チャンスをストックすることができました。
「今日は珍しく絶好調だなぁ…」なんて思っていると、良い流れというのは続くもので、なんと青七ボーナスが継続!
何度も実践してきましたが、青七が継続したのは今回が初めての出来事で、この間にも3つの金太郎チャンスをストックすることができました。

合計6つのアドバンテージを貰い、ATの金太郎チャンスをスタートしました。

1セット目の高確スタートで、コンスタントにボーナスを重ね、出玉を増やしていくと、2セット目と3セット目には上乗せの連続で減らないATを体感するなど実践を満喫していました。

そして4セット目に入り、「半分終わったなぁ…」と気分良く考えていた矢先に事件は起こりました。
まず発端は、鉄塔演出での共通ベルでした。
数ゲームの熱い演出の後、拳カットインが発生し、揃えることに成功しました。
出世回胴チャンスからの鷹司チャンスを想像していた私でしたが、その想像は甘すぎました…。

なんとここで天王山が降臨!

自分のヒキに怯えながらも、滅多に引けない天王山をゆっくり楽しむことにしました。

すると結果も伴い、青七二回の赤七四回を当選させることできました。

その後も上乗せとボーナスを重ねていきましたが、やはり終わりはくるもので、保証されていた6セットでATは終了しました。

その後通常時の高確と天国を確認して、大満足の実践を終了しました。

最終結果ですが、投資100枚の回収6852枚で、差枚がプラス6752枚となりました。

今回は、比較的重たいと言われる台を早々に当てられたこと、青七ボーナスでの複数ストック、そして天王山…全てが噛み合ったことで起こった奇跡的な実践でした。

Pocket