Pocket

今回は長野県飯田市のオーギヤ飯田店で

「北斗の拳 修羅の国編」を実践しました。

 

 

当日は平日の昼過ぎからの実践で、店内稼働率は40%以下でした。

 

 

前日に下見をした際に、

1週間グラフの下がっている北斗の拳に目をつけていたので、

その台に座ることにしました。

 

 

するとこの判断が正しかったのか、

開始数十ゲームで引いた中段チェリーの一発でARTに当選しました。

 

スポンサーリンク

 

さらに驚きなのが、このARTがなかなか終わらないことです。

オーラは黄色でしたが、ARTレベルは恐らく3か4で、神拳勝舞での勝舞魂も3つ以内に収まります。

 

そのため、勝舞魂は貯まる一方で、気がつけば60個以上も貯まっていました。

その後も勝負球は全く減る気配がない状態で、

迎えた28連目の神拳勝舞の1ゲーム目に赤7カットインが発生したのですが、カイオウを選択していたため、揃うことは確定していました。

 

 

この後の75%も無事に突破し、特闘に突入しましたが、

今回の特闘は最低保証で終了し、伸ばすことはできませんでした。

 

 

しかし特闘が伸びなくても、ARTが伸びるのが今回の強いところで

、40セット、50セットと続いていき、迎えた60セット目のことでした。

 

 

このセットも無難に勝負球を集め、合計は22個でした。

 

 

少なくなったとはいえ、

22個もあれば安心してレバーを叩けます。

 

1個2個と消費していき、10個11個を迎えた頃に焦りを感じ始めていました。
その後も悪い流れは拳力を諸共せずに終了まっしぐらで、22連敗…。

 

 

 

「20連敗を越えれば拳力が発動するから一回は続くだろう」

と考えていた私が恥ずかしくなるようは出来事でした。

 

 

次に当たれば、神拳勝舞で拳力がでることを確定していることがわかっている状況ですが、

用事があったため、終了後即ヤメという形になりました。

 

 

最終結果ですが、投資100枚の回収6472枚の
差枚がプラス6372枚でした。

 

 

今回改めて思ったのが北斗の拳はやっぱり面白いと言うことでした。

設定など詳細はわかりませんが とにかく楽しい実践でした。

スポンサーリンク

Pocket