Pocket

今回は昼過ぎからニューアサヒ上飯田店さんでの実践となりました。
店内にはいると休日と言う事もあり、スロットコーナーは80%程の稼働でした。

 

「けっこう人が多いな…何を打とうかなー」と店内を徘徊していると

攻殻機動隊機動隊2が目に飛び込んできました。

 

アイ レア画像

 

前から打ちたかったこともあり、根拠はあまり無いものの座ってみることにしました。

初めてすぐ、強チェ、チャンス目を立て続けに引くもハズレ…

「幸先わるいなー」などと考えながら打っていました。

 

 

するとここでリールロック、

「これでチャンスゾーン当たればいいな…」

 

リールロック2段階、「チャンスゾーンはもらったかな…」

「というかもう一段階いけばフリーズでは?」

しかしリールは逆回転せず…。

 

スポンサーリンク

 

「あぁー惜しか…たな…?え⁉︎」一瞬の出来事でした。画面が真っ暗に、

順回転したはずのリールが逆回転を始めました。そう本当にフリーズを引いてしまったのです。

 

後に調べたところ、攻殻機動隊2のフリーズは、

2段階リールロックの後に1秒ほど順回転を経てフリーズすることが分かりました。

 

そしてこのフリーズを契機に勢いに乗っていきました。
まず本機最大の上乗せ特化ゾーンである、笑い男モードに突入。

まずは前半パートで笑い男マークなるものを貯めていくのだが、

結果として28個獲得…「ん?これは多い方なのか?」などと考えながら後半パートへ移行しました。

 

 

後半パートは、前半に貯めた笑い男マークの数+αのゲーム数で、

成立役に応じたゲーム数を上乗せ抽選していきます。

 

この後半パートがかなり強力で、リプレイ・ベルでも10G以上、レア役で30G以上、

さらに電脳ラッシュの獲得も高確率で抽選しています。

 

 

その破壊力もあり、560Gの電脳ラッシュ3セットという結果で終了しました。

それから電脳ラッシュを3セット消化して200G程乗せて、

合計760GでARTをスタートしました。

 

このARTの間にも、個別の11人モードからの電脳ラッシュや、

中段チェリーから100G乗せからの電脳ラッシュなどで、ゲーム数の増減を繰り返して消化しました。

 

スポンサーリンク

 

そして最終的に、

1900G消化の約4000枚の出玉、

差枚にして3900枚を獲得することに成功しました。

 

 

 

今回の実践での感想は、

まずフリーズの破壊力は現行機の中でも上位に入るということ。

 

それと個別の11人モードでの、電脳ラッシュのヒキが出玉を大きく左右するということです。

 

 

個別の11人モードは通常時CZやART中などどこからでも入る可能性があり、

このモード中は、約1/30で電脳ラッシュが当選します。そのため当選するか否かで結果が大きく変わってしまうのです。

 

 

このように叩きどころを理解して遊戯することで、もっとスロットを楽しめるのではないでしょうか。

 

ちなみにフリーズについての詳細を記載します。

攻殻機動隊2 フリーズ情報

  • REG中のフリーズ…笑い男モード確定
  • 通常時のフリーズ…SBB+笑い男モード
  • ART中のフリーズ…SBB+笑い男モード

 

スロット「攻殻機動隊2」のロングフリーズ発生契機は「中段チェリー+スイカ」成立時です。

通常時&ART中は「中段チェリー+スイカ」成立時の一部で発生し、フリーズ恩恵はS・BIG&笑い男モード突入。

そして、REG中に関してはフリーズ確率が約1/936までアップし、フリーズ恩恵は笑い男モードとなっています。

Pocket