Pocket

起業といってもたくさんの種類がありますが、

既存のビジネスをみてどんな起業をしたら効率がいいのか

考えてみてください。

 

 

インターネットが発達してからというもの個人が

短期間のうちに、急拡大、業界ルールを変えるような革新的なサービスを

展開することが多いです。

 

 

大幅なルール変更を業界に起こすような大きな会社もITの発展とともに多くなってきました。例として企業名を挙げるとすれば、皆さんも良くご存知の

 

ウーバー(アメリカ)

テスラ(アメリカ)

Google(アメリカ)

アップル(アメリカ)

マイクロソフト(アメリカ)

アマゾン(アメリカ)

Facebook(アメリカ)

LINE(韓国)

メルカリ(日本)

などが有名なところでしょうか。

 

 

IT系企業が多いのはインターネット、スマホなど物理的なコストがリアルなビジネスに比べてかからないものの、一気に世界に広がるからという特徴があるためです。

 

しかしベンチャー企業はIT系起業しか成功しないかと言えば、そうではありません。

 

 

起業の成功はプロセスで決まっている

 

 

起業の成功はプロセスで決まっています。

スタートを切ったあとは多少の修正は必要ですが、

ほとんど当初の予定通りすすんでいくケースもよく散見されます。

 

 

「まるで清水の舞台から飛び降りるような『イチかバチかの大勝負』である」というものや「才能のあるごく一部の選ばれし者のみがすること」というものなどだ。

 

 

といった考え方は起業をした事のない人の、妄想にすぎないのです。

 

 

そこには、体系的かつ再現可能な定石が存在しています。

だから、事業を何個も成功させる事が出来る人がいるのです。

 

起業の成功確率が5%のギャンブルであるならば、

事業を5つも成功させている人の成功確率は宇宙誕生の確率を優に超えている計算になります。(はったりですので気にしないでください)

 

 

 

『中小企業白書』によると、個人で事業を興しても、約40%が1年未満で脱落、3年目を超えて5年後まで継続できるのは25%、そして10年後まで生き残っている人は10%という現実があります。

 

(松尾昭仁著『起業して食える人・食えない人』(以下同書)「はじめに」より)

 

 

時には思い切った行動も必要ですが、起業はギャンブルではないので、

一度立ち止まることも必要なのかもしれません。

 

 

起業したいあなたが成功するかを診断するための起業センスを測定

 

たとえば、あなたがストラックアウトの中心にボールを当てるには、

どうすればいいでしょうか。

*ストラックアウトとは、9個のパネルを用いた的当てピッチングゲームです。

 

1回くりぬくだけなら、ひたすら投げ続ければ可能です。

そうやって、真ん中に「偶然」ボールが当たるのを待つのです。

 

一方、コンスタントに成功させるには、「知識」や「スキル」や「センス」が必要になってきます。

 

起業での成功もそれと同じです。

 

1回起業で成功するだけなら素人でもできます。

 

けれども、それを継続させることがとても難しいのです!

 

起業家として成功し続けるには、起業の「知識」や「スキル」や「センス」が必要です。

 

個人で事業を興しても、約40%が1年未満で脱落している原因は

明らかに3つの要素が不足しているのです。

 

 

だから、起業を成功させるためには、起業前に3つ能力を磨かなけらばなりません。

これらの能力は経営の知識を量的に増やせば、誰でもある程度は磨けます。

 

成功者の文章や音声ばかりに触れていれば、誰でも自然と身につけることができます。

 

 

起業前にはある程度あなたの実力把握をしてから取り組んでも遅くないでしょう。

では、こんな抽象的なスキルをどのように測定するのか?

 

 

 

というと、起業センスは計測できるんです。

起業で成功し続ける上で欠かすことのできないこの「起業センス」を計測できるサービスがあることをご存知だったでしょうか?

 

そのサービス名を「起業センス診断テスト」といいます。

 

 

 

起業センス診断テストとは?

起業センス診断テストは、無料キャンペーン中の「次世代起業家育成セミナー」という教材の特典として無料で受けられるウェブ試験です。定価は5,400円。

 

どんなウェブ試験かというと、制限時間8秒の質問に直感で90個答えていくだけで、あなたの起業センスが具体的な数値となって表示されるというものです(全所要時間7分程度)。

 

たとえるなら、模試の偏差値を想像してください。

 

起業センスの社会人全体の平均値は「41」で、起業安心ラインが「55」。

 

「60」以上なら100%成功すると言われています。

 

 

 

どうやって起業センスをあげるの??

 

そしてこの無料診断のあとも起業センスを磨くためのノウハウを教えてくれます。

 

この多くの方の起業センスが飛躍的に伸びています。

 

もしあなたが起業しようと思っていて、タイミングに悩んでいたら、

まずは起業センスを測定してくださいね。

 

 

 

起業センス55以上があなたの起業を成功させる目安になる!

 

 

ちなみに「起業センス診断テスト」のコンテンツに参加している人で、

 

起業センス60以上で成功していない人はいないそうです。

 

起業センス55だと1人以外はみんな成功しているそうです。

 

 

 

起業センス55以上になることが、

 

あなたの成功を確実にしてくれるものとなるでしょう!!

 

 

起業診断テストはこちら

 

 

起業診断をしたあとも継続して利用すると、

1万円を受け取ることができます。

 

①メールアドレスを登録し、サイトで起業センス診断を受ける

②無料セミナー動画を視聴(ザックリでもOK)

③簡単なチェックテストを受ける(全て5択問題)

④チェックテストで4割正解した後に、お試し0円登録

 

Pocket