Pocket

スロットで勝ち続ける事は無理なんて思っていませんか。

 

そう思うのも無理はありません。

1人あたりの客単価は35000円と言われて

いるのでほとんどの人が負けているのではないでしょうか。

 

しかし一方で勝ち続けている人もいるのです。

実際にスロットだけで生計を立ててる「スロット専業者」は、日本全国にかなりの数が居ます。
その人たちの稼働時間当たりの稼ぎ額は、時給1500円~3500円程度。

1日20000円近く稼いでいるのです。

 

 

どうしてこのような差が生まれるのでしょうか。

今回はパチスロで勝ちたいと思っているのに
勝てない人に足りてないと思われる知識について
お話していきたいと思います。

 

 

勘違いして欲しくないのですが
スロットを趣味で打ちたいとか
楽しんで打てれば良いと思っている方は
それで全然OKだと思いますので
今回のお話は全く関係ないです。

 

 

あくまでも
勝ちたいと思っている方です。

 

 

天井期待値を知ればスロットに勝てるようになる

 

スロットをサイコロゲームに例えるとこんな感じになります。

【サイコロで期待値を実感】
1が出たら -4000円
2が出たら -6000円
3が出たら -8000円
4が出たら -8000円
5が出たら -10000円
6が出たら +24000円

 

このゲームやりますか?

 

 

サイコロはどの目も平均的に出ますから
全部足すと合計は-12000円なので

1ゲームの期待値は-2000円です。
実際にパチスロの台はこの様にできていて、お店側が儲かるように作られています。

しかし、ここにこんな条件が加わったらどうでしょうか。

連続10回マイナス(1~5の目)の場合、11回目はどの目でも6の目(+24000円)とする。
こんな条件があれば状況次第では遊んでもいいかなって思いませんか。

 

例えば連続9回マイナスが出ている時などは、
10回目に6が出れば+24000円。
1~5が出た場合は平均-7200円の後、11回目に+24000円

1/6の確率で+24000円、5/6の確率で-7200円の後+24000となるので
9回連続で1~5が出た後のゲームは+18000円となります。
同じようにスロットにも天井といった保険機能(今回でいえば11回目は6とする)

がありますので条件次第で今回の様に期待値プラスのゲームで戦う事ができるようになるのです。

 

 

このように天井といった保険を利用して期待値プラスの台を打つ立ち回りを天井狙いと呼んだりします。

効率的に期待値プラスの台を見つける方法

 

天井狙いの立ち回りをするためには、まず天井情報や狙い目・ヤメ時を調べる必要があります。

機種名 + 天井期待値  といったワードで検索するとたくさんでてきます。

 

このサイトにも各機種ごとに狙い目やヤメ時を記述してあるので参考にして下さい。

 

 

効率的に期待値プラスの台を見つける最強の方法は宵越しチェックです。

 

天井機能というものは周知の事実なので、
天井付近の台はなかなか効率よく拾えません。

 

サイトセブンを使って

前日の最終ゲーム数を確認する事で
効率的に期待値プラスの台を拾う事ができます。

 

 

宵宵越しを狙ったり

夜に家から明日の狙い台を確認したり

他のホールに移動するかどうかの判断に使ったり

等々。。。

 

これひとつでかなり天井狙いの効率があがりますよ

サイトセブンの登録はこちら

 

家から宵越し天井を効率よく確認

めんどくさい宵越しチェックすれば収支は何倍にもなります。

 

 

月あたり50000円ほどプラスになったり
2時間かかっていた閉店チェックが10分になった

なんて声もききます!!

 

サイトセブンの登録はこちら

Pocket