Pocket

これを書くことの意義が変わってきた.ライティングスキルを上げようと思って書いていたのが,今では英語の勉強がメインとなっている.これをまとめるにはある程度じっくり読むので英語能力向上につながっていると思われ.曖昧な訳にはなるが,英語の書き方が一貫しているからかある程度読めている気がする.
人を説得する6つの方法.
1.比較する.
2.好きになる
3.権威を使う
4.返報,お返し
5.
6.odosi
それぞれの方法の詳細を記す
1.比較
みんな使っているけど使う?みたいな方法
グループに選ばれている商品であるという内容のことを伝達する
2.好み
男性に商品を売るときは魅力的な男性を使う.
3.権威
権威のある人の写真を用いれば,信用性が増す
支持を得られる動画,図などがあればさらに良い
4.お返し
無料試供品とかもらった時お返しをしなくては!!と感じる気持ちを
初期はこれを用いることが多い.
多くのネットビジネスの人がやっているのは,ここからお返しの循環を作るためか
5.
6.odosi
時間的制限を設ける
人が持つとほしくなる.手に入るといらんくなる.
欲望の三角形
むずかった.5は特に何がいいたいのかわからなかった
他の人のセールスページを参考にしながらやっていくしかないな
何十万の商品売るひとすごいな,それだけ価値があると思って売ってるんだろうな.独占産業みたいなもんだからそこから買うしかないもんな.
麻雀てんほう ようやく3段いきそう

Pocket