Pocket

トレンドが一旦形成されると簡単には転換しません。

ですからトレンドフォローは有効な手法になり得るのです。

 

 

過去の相場で大きな利益を上げてきた人達は基本トレンドフォローを用いています。

 

 

今回はトレンドフォローの具体的なエントリータイミングと損切りポイントの説明をしていきます。

 

 

エントリー時のポイント

・マーケットの長期トレンドを読み取る

・若干の押しや戻りが起こったら,高値を更新して再び元のトレンドに戻る兆候があれば仕掛ける

 

この手法を端的に表した言葉は リチャード・D・ワイコフの

「ブレイクアウトでは買うな、押しを待て」

 

この言葉を実践すれば、ブレイクアウト後のだましに騙されることが減り

トレンドに乗ったエントリーができます。

 

 

エントリ トレンドフォロー

 

ブレイクアウト後反発したのを確認してエントリー 矢印部分

損切りは直近安値にいれます。

 

 

この手法のメリットは

・ストップがきついので ローリスク ハイリターンが狙いやすい

・幅広い時間軸のトレードに利用できる

・機会を見逃しても何度もチャンスが訪れる

・ストップに引っかかっても何度でもエントリーするチャンスがある

 

 

 

トレンドフォローの実績が知りたい方はタートルズの本や

コール・ウィルコックスとエリック・クリッテンデンの研究などを読んでみてください。

 

 

 

最後にリスク管理、期待値について説明します。

相場から継続して利益を上げるために必要な考え方になります。
リスク管理

 

 

相場の原理原則 TOP

スポンサーリンク

Pocket