Pocket

店舗型サービス業はホームページやブログで、

自動集客ができる仕組みを作るのが前提条件です。

 

 

 

集客を自動で行うことができるようにすることで、

時間を節約でき、さらに日々の来店者数をある程度読むことができるようになります。

 

 

集客の自動化はネットを使って行いますが、これができるとメリットがたくさんあります。

 

 

 

まず店舗を構える立地がどこでもよくなるという事です。

 

なぜかというとホームページですでに制約しているので、

通りすがりの人に頼る必要がないので人通りが多いところに店を構える必要がありません。

 

 

ホームページがレターになっていて、

集客が勝手にできるのであれば辺境の地に店をつくっても問題ありません。

 

 

顧客が自らお店に顔を出してくれるからです。

 

 

ホームページを充実させて SEO をかけたり、

ブログを書いたり、 楽しい記事を書いたり、価値のある情報を提供して

LP で無料プレゼントを上げる事で、リスト取りまで行います。

 

 

そして定期的にオファーを投げます。

グループレッスンであったり、クーポンの発行であったりですね。

 

 

集客はホームページ以外でもできます。

 

“one source multi-use”という考え方です。

 

これはマーケティングの用語なんですが、

1つのsource(情報の源)から色んなメディアに流用するという事です。

 

 

例えば、

Facebookに投稿して、

それをメルマガに再利用して送り、

更にそれをブログにコピペして記事にして、

最後にTwitterで簡略化してtweetする。

 

という感じです。

 

 

 

 

 

 

充実したホームページの在り方。

これはホームページやブログがセールスレターになっていて、

狙った数のお客さんが来てくれているかが重要な判断材料になります。

 

 

その上でチェックするポイントをお伝えします。

 

 

➀ホームページがセールスレターになっているか?

②ホームページのアクセスは増やせないか?

③ホームページからの登録率はいくらか?

 

 

この3つを確認してください。

そして改善していきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サービス業で売り上げを増やすためにやっておくべき仕組化

 

 

1.必ず次回予約をとる。

 

 

 

次回予約をとっていなかったのは経営者の怠慢ですので次回予約は基本とるようにしましょう。 サービス業においては次回予約をとりましょう。

 

 

 

 

2.高単価メニューで提供する

 

 

価格をあげるのは大事です。

価格を上げるだけで希少性がついて逆に、満足度が上がります。

 

 

今 7000 円で教えているより、35000 円とった方が感謝されるんです。

 

 

 

  1. 自分なしで、商品の流通量を 10 倍して今の仕組みでまわるか

 

を。考えます。

あなたは一切現場に出ません。

 

仕組みにすべてを任せます。

 

あなたはサービスの提供をし始めた瞬間、

その現場から消え去っても収入が拡大していくような仕組みを考えないといけないんです。

 

 

例えば、あなたがコンサルの対面サポートをしているとしましょう。

 

 

 

あなたの直接コンサルの時間は10 倍になると。。。。

 

 

対応できなくなります。

 

では、どのように対応すればいいでしょうか。

 

 

冊子なら10 倍に対応できますよね。

カウンセリングシートならできますよね。

 

そんな感じで仕組みを作っていきます。

 

 

 

私のメルマガではこういったマーケティングに重要なテクニックを惜しみなく教えています。

 

インターネットを使ったビジネスを始めたい。

もっと拡大させたいと感じているならぜひ登録してみてください。

 

 

メルマガ登録はこちらから

Pocket