Pocket

日本で検索エンジンで利用されているものは
google
yahoo
で50%ずつくらい

SEO:無料でできるが検索上位に上がるためには時間と手間がかかる
リスティング:お金を払えば上位に掲載される

googleあどわーず
yahoo!プロモーション
→googleで検索する人のほうがパソコン等の知識が高いと思われる....
自分のターゲット層に寄って使い分けをする...比較のために両方に広告掲載しても良い

アドワーズ広告の種類

・検索連動型広告:検索結果の画面最上部に表示される。
・ディスプレイ広告:検索結果上部以外、googleと提携しているwebに掲載される。
→ブログとか読んでいる人ほどネットビジネスに興味を持っている。ディスプレイ広告でコアなターゲットに絞る
検索の方が幅広く、ディスプレイ広告はコアってイメージ

キーワードマッチの仕組み

部分一致
完全一致
フレーズ一致
絞り込み一致
除外キーワード
(除外キーワードでユーザーを絞りきれない場合、広告分でも除外する...年代、職業、役職、環境で絞る)

完全一致、フレーズ一致 閉鎖的...
部分一致、絞り込み一致で 機会損失を減らしつつ運用していく。

広告が掲載される仕組み、費用

広告ランク=入札価格*品質スコア
費用=広告ランク(次に掲載されている広告)/品質スコア

品質スコアの影響ポイント
・クリック率
・リンク先のページ品質
・キーワードと広告の関連性

ライバルのページから学ぶ
(title、meyakeyword ・descruption(右クリック)、コンテンツ(強み、弱み))

予算運用

キーワードプランナー
キーワードアドバイスツール
どのくらい検索されているかがわかるツール

市場規模の把握ができるなwww
ライバルページの検索のキーワード

検索キーワード

行動を移しやすいキーワード(購入する人が調べるワード)
ツールを用いて調べる

反応率が上がる広告

問題解決型:数字を入れてどのくらいで解決できるか提示すること
提案型:根本的解決には、~~より~~~の方がいいですよ...みたいな 新しい視点の提案
欲求刺激型:画像でアピール、ターゲットが普段使っている言葉で刺激する
行動禁止型:カリキュラ効果、禁止されると行動したくなる心理を利用
簡便性
ギャップ
お客様の声
商品を購入しない場合の良くない未来の提示

こういう検索をしている方は、すでに悩みレベルが高い位置にあるので
購入率はまあ高くなるわな

検索

yahoo!プロモーションで検索キーワードがわかる。

スマートフォンでの検索が増えてきている。
タッチ操作がめんどくさいので2単語での検索が多い
スマートフォンでの検索が行動の起点になることが多い。

スポンサーリンク

Pocket