Pocket

今回はモテるための行動、言動、心理的テクニックをお伝えします。

この記事を読めばあなたもモテる人になる可能性があがります。

 

読んで実践してみてください。

 

具体的な内容は、

 

タイプ別モテるために行くべき場所

脈ありを見抜けるかがモテの分かれ目

口説くことの本当の意味

友情関係から恋愛関係への発展方法

相手の好意を見抜く簡単な方法

モテる人の態度、行動

です。

 

 

モテない人は、明らかに無理なところに注力したりしがみついたりしがちです。

恋愛でも仕事でも同様ですが、次に行くということをしないわけです。

 

モテない人はなかなか次に行けなく、

悪い関係を切れず、新しい人と出会う能力や

出会って相手の心をつかむ能力が少なく、

脈のある人を見抜くことも苦手です。

 

 

ただ、脈アリ脈ナシを見抜くといっても難しいと思います。

 

でも、出会う場所によっては、脈なしだった人が、脈ありになったり

脈ありだった人が、脈なしになったりすることもあります。

 

 

だから、あなたのタイプに合わせて異性に会うべき場所は変わってきます。

 

 

モテるために行くべき場所

 

様々な研究で、

「どういう場所に行くと脈アリになりやすいか」ということがわかっています。

モテる人は自分にあった脈アリになりやすい場所に出かけるということです。

 

モテる人というのは、

自分が脈ありになりやすい場所を知っています。

 

結論として、見た目がイイ人と

知性がある人では勝負する場所が違います。

 

 

外見で勝負したいのか?中身で勝負したいのか?

見た目で勝負する人と、中身で勝負する人で効率の良い方法は変わってきます。

 

 

2010年エジンバラ大学が4,000人の男女を集めてランダムにペアを組ませてそれぞれの異性と3分間の短い会話を続けていくという研究を行いました。

 

この際、2つのグループに分けました。

 

 

一方は10人の異性と会話をするグループ。

もう一方は20人の異性と会話をするグループです。

 

それぞれ会話を繰り返した後に、

どの相手に魅力を感じたかを尋ねました。

 

その結果として、

人数が少ない10人と会話をしたグループは、

相手の知性や職業・宗教といった会話の内容や

心理的な深い部分によって魅力度が変化しました。

 

つまり、思想によって魅力度が変化しました。

 

 

人数が多い20人と会話をしたグループは、

相手の外見や年齢によって魅力度が変化しました。

 

この研究結果から、

中身で勝負したいなら人数の少ないパーティーに行きましょう!

知的な会話を楽しむと良い評価を得る事ができます。

 

一方で外見で勝負したいのであれば人数の多いパーティーに行きましょう!

 

 

人間は人数の少ないパーティーでは相手の中身を見て、

人数の多いパーティーでは中身を覚えていられないから

外見で判断するようになるわけです。

 

異性の候補が多くなればなるほど、

大量の情報を処理しなくてなならなくなります。

そうすると、外見や年齢といったすぐに判断できるような情報に目が行きやすくなってしまいます。内面の情報は比較しにくく判断が困難になってしまうからです。

 

内面で勝負したいならば10人以下のパーティー

外見で勝負したいならば20以上のパーティー

 

 

モテる人は脈ありを見抜く能力がある。

 

脈ありを見抜く力は、

無駄な時間やお金やリスクを使わなくてすむために

必要な能力になります。

 

脈ありかどうかを見抜けない人は、

脈なしの人に対して一生懸命に好意を表現するが、

それが無駄骨となっていることに気づきません。

 

自分では、これだけのことをしたから・・・と自己満足するが、

相手の心を掴めていないことに気づいていないため、次へ行くこともできなくなってしまいます。

 

 

脈の見分け方は、自己判断よりも他者判断の方が正確に関係性を把握できます。

 

 

2009年インディアナ大学の実験で、

初対面の男女を集め「お互い好き」「お互い嫌い」の態度をして貰い、

関わりのない参加者に「(彼らは)お互い好きだと思いますか?」と脈ありか脈なしかを判断して貰いました。(なお二人の話し声は聞こえないよう音声はカットしています。)

 

 

結果は

女性から男性への好意は60%の確率で当てることが出来、

男性から女性への好意は65%の確率で当てることができました。

 

 

 

一方で当事者同士だと、20~30%程度の確率でしか当てる事ができませんでした。

その理由は確証バイアスや思い込みによって、

自分たちの関係性が掴めなくなるからです。

 

人間というのは、自分に都合よく、

自分が相手を好きだったら相手にも自分を好きであってほしいと思ってしまいます。

そういった、思い込みによって好意かどうかちゃんと見極められなくなるのです。

 

この実験からは

脈ありを見抜くポイントは第3者の目にあるという事が言えます。

 

 

共感レベルから見抜く

 

第三者の力を借りなくても、自分で関係性を判断するための方法があります。

それは恋愛状態ではお互いの共感レベルが高まっているという状態を利用します。

 

例えば、お互いに好意を持っている相手は、

一方があくびすると、つられてもう一方もあくびをします。

 

これは共感レベルが高まっているからです。

 

こうした表情から見えない脈ありを示すサインを見抜くことで、

相手が自分に脈ありかどうかを知ることが出来ます。

 

 

他にも私が使っている方法は

ラインとかに日常会話のスタートに注目する事です。

 

好意のある相手には自分から雑談連絡をするようになるからです。

これもポイントです。

 

 

 

 

 

口説くことの本当の意味

 

モテる人は口説きません。

 

 

気前よく「好きです!!」と女子に伝えると、警戒態勢に入ります。

 

なぜかというと、この人と付き合ってもいいのかどうかと考えますし、

その決定権は女子にあります。要するに尻込みしてしまう。

 

口説くという本当の本質は、「背中をそっと押してあげること」。

そして言い訳を作ってあげることです。

 

口説くという行為は相手の心を変えることではなく、背中を押してあげる事なのです。

 

だから、口説く前に魅力を高めることが優先であり、

誠実さをアピールして安心感を高めることが重要です。

 

 

 

 

 

友情関係から恋愛関係への発展方法

 

一度友情関係になると、

恋愛関係へ発展するのが難しいとおもいませんか。

 

でもその関係を一気に飛び越える方法があるのです。

 

 

スタンフォード大学のウィルパワーで有名なロイ・バウマイスターさんが

明かした方法で、友情から恋愛へ発展させるためのテクニックを紹介します。

 

あえて連絡を断ち、急に連絡をとって、二人でやったことのないことをする。

 

初期段階では相手を友達としか見ていなく親密さが固定され慣れてしまっています。

こうした固定化された関係性を壊すような、心の揺れ幅を増やす行動が関係性の変化をもたらします。

 

つまり、一度固まってしまったお互いの状態は変化が起きにくいため、

それを打ち壊すために意図的に環境を変えるということが必要になります。

 

このテクニックをまとめると

 

・お互いの親密さに急速な変化があった場合に恋愛のステージに行く。

・心理的な変化の揺れ幅が無ければ関係性が変化することがない。

・あえて連絡をとらなかったり、これまで全然やってこなかったことを一緒に体験すると効果的。

・一歩ひいて一気に近づくことで心の揺れ幅を増やす。

 

 

という事です。

 

 

モテる人の態度、行動

 

 

オンラインデートに関する実験と称し、女子学生を集めました。

彼女らは事前に女子学生のFacebookを観覧して好感度を評価して貰った男子学生の一覧を提示されます。その男子学生は女子学生に対して3つの態度を示します。

 

 

1つが「この男性はあなたの事が好きでたまらないようです」と好意を全面的に出します。

2つめが「この男性はあなたの事が好きでも嫌いでもない普通の印象です」と普通の態度を示します。

3つめが「この男性はあなたの事が好きか嫌いか決められないようです」と普通とも確定させず、好きか嫌いかどっちつかずの態度を示します。

 

 

最後に女子学生に「どの男子学生が気になりますか?」と質問してこれらの態度の違いを持った男子学生を評価して貰ったところ(男性の外見などで判断されないようになっています)、なんと3つめの好きか嫌いかどっちつかずの態度を示した男性への好感度が一番高かった結果がでました。

 

反対に一番好感度が低かったが普通の態度でした。

普通の態度でいるよりかは好意を示した方がモテて、

更にどっちつかずの態度を示した人が一番モテました。

 

 

好きでも嫌いでも普通でもないはっきりしない態度が一番モテるのですね。

ミステリアスで思わせぶりな人がモテる理由はここにあるのです。

 

これらは初対面における印象のことですので、

既に関係性がある場合では応用できませんが、

初期の関係では自分が好きか嫌いかあえて気持ちを隠した方がモテるということになります。

 

また、女性の場合「高嶺の花なのに自分だけにぞっこんになる態度」が一番男性からモテるそうです。

 

 

 

 

モテる人が初デートでやる事。

 

初デートにモテる人がすることは

甘いものを食べることだそうです。

 

2015年パデュー大学(Purdue University)が行った研究では、

一緒に何を食べたか(ポテチやオレオなど)で相手の好感度がどう影響されるのかを調べました。

 

結果はオレオなどの甘いものを食べたグループほど、

相手への好感度が高いことが示されました。

 

これは甘いものを食べたことにより快楽ホルモンであるドーパミンが分泌されるからです。

 

 

 

これらのテクニックを使ってあなたも真のモテを極めてください!!

Pocket