Pocket

コピーライティングは文章を書く能力です。

商品を多く売る・魅力を感じてもらう・ブログを楽しんでもらう・伝達ミスがない文章。

などなど、ネットビジネスに限らず文章を書くなら必要な能力です。

文章を書く人なら身構えることなく、コピーを学んでもらう事をおすすめする。

 

ネットビジネスに見られるコピーライティング

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)と呼ばれる手法でも使われているなど、ネットビジネスに関係している人は勉強しています。

 

正しく、わかりやすく、魅力的に商品を紹介するこれも大事な事なのですが、ネットに字ネスでは、読み手の感情を刺激したりなど、心理学の領域が強い傾向にあります。

 

例えば、ネットで物を買うときの行動や心理状況を簡単に見ていきます。
商品写真を見たり、レビューを見たりするけど

ネット上では商品の説明(文章)がないとまず買わないから
写真だけだと無理。

人が物を買うときって衝動だけで買う場合もあるが
高くなればなるほど合理的に判断するようになる。

高いものほど論理的に価値観を提供しなければならない。
人が行動を起こしたくなるような状況を作ってあげなければならない。

壁を作ったら買わない

その壁を超える可能性を少し上げる
コピーライティングの基礎テクニック

壁を超える方法

・重要なキーワードに反応させる
・催眠状態・トランス状態にいれる
今まで自分が感じていなかった無意識下のことを感じさせる
「瞼が重い等」

 

コピーライティングにはいくつかテンプレート的なものがあるんだけど

テンプレートに従ったような基本的なコピーライティングを知っている必要がある
覚えておいてほしい基本事項としては

・QUEST FORMULA
・PASONAの法則

この二つは間違いなく必要

今回は簡単にQUEST FORMULAの説明をします。

QUEST FORMULA壁を超える為の文章の構成のこと

Q、Qualify。
Qualifyっていうのが何かって言われたら、まず一言で言えばターゲッティングなんですよね。

重要なのは約束することです。

U、Understand
て理解・共感する方法はいっぱいあるんで、それは自分のやりたいようにやってもらえばいいんですがUです

E、EducateのEですね。EducateのE。

S、Stimulate 興奮させるってこと。

T、Transition。 行動させる、行動に移すってことです。

まあこういう感じの構成で書くと人の感情の流れを
つかむ事ができるみたいですよ。

長くなってきたので詳しい説明は省きますが

結局言いたかったことはコピーライティングは人生で大事

独立を考えているなら、絶対ひつよう。

まずはテンプレートから実戦してください。

次はもっと詳しくか、PASONAの法則について書いていきます。

スポンサーリンク

Pocket