Pocket

遠征せどりをするとホテルでもいいけど、車中泊でもいいなっていう時ありますよね。

例えば、昼間にFBAに発送して、夜は大きな物を仕入れられなかった時とか!!車のスペースありすぎて

 

よし!!車で寝ようって

なりますよね。なりますよね?

 

最近、車中泊の注目度が高まりつつある様で、専門の本や雑誌がいくつも販売されています。車中泊と言えば、勿論ホテルや旅館等の宿泊費がかからないという、経済面の理由がやはり大きいと思いますが、それ以外にもいろいろな要素ありそうです。

 

スポンサーリンク

 

メリット

 

時間の自由がある
ホテルや旅館に宿泊する場合、チェックイン・アウトの時間や決まった朝食時間に合わせたりと何かと宿泊施設側の時間に束縛されます。

車中泊であれば、時間の使い方は自分次第。例えば、食事の時間や起床時間がかなり自由に幅が広がります。

 

ホテルでは朝食:8時まで、チェックアウト11時とかありますが、

車中泊では。。。8時?11時? そんな時間関係ありません。 私の場合は寝られなくて6時には行動し始めていますよwww

 

場所の自由
公園の駐車場や道の駅等、いろいろな場所に車を止め、お泊りができます。(※車中泊を禁止している場所もありますので、看板等で確認してください。) そんな感じで次の日の仕入先の近くまで、前日に行っておくことで開店と同時に仕入ができます。

 

頑張っている感が得られる

せどりしている感、節約してる感で自己満足がえられます

 

デメリット

寝心地
便利グッズを使うことにより、なかなかの快適睡眠を得ることができます。

けど人目が気になりますね。

 

暑さ/寒さ
夏は暑いし、冬は寒いです。当たり前のことですが、季節の気候や天候をダイレクトに感じられるのが車中泊です。
『暑さ』も『寒さ』もそれぞれ便利グッズで対策できますので、積極的に活用しましょう。

 

まとめ

車中泊をするデメリットはほとんどありません。荷物を発送してしまったら是非、車中泊をしてみてください。

私はこれで風邪をひいて(寒くはなかったのに。。)、3日間だるい思いをしました。治った後も鼻水だけには悩まされており、蓄膿気味がつづいております。

 

と、いうわけで是非、車中泊をしてみてください。

 

スポンサーリンク

 

Pocket