Pocket

映画ドラえもん のび太とブリキの迷宮

 

Amazonプライム会員なら無料です。
月額400円しないので、ぜひです。

 

映画無料でみれて、送料も安くなり、早いです。

 

映画の内容は簡単にいうと、

人間があらゆることを自動化するために、

ロボットを作りまくったら、そのロボットが人間を逆に支配しようとして、

それと人間が戦うというのがテーマです。

 

 

2045年問題が最近話題になっていますが、

AIと人間の距離感を考えさせられます。

 

AIは生活を便利にしてくれるツールです。

 

 

でも、便利すぎても人間らしさを失ってはいけないよね。

という部分は考えさせられます。

 

 

作中では人間は便利になりすぎた半面、

ロボットなしでは生活できないレベルまで体が弱ってしまいした。

 

 

ロボットがあれば普通に生活できますが、

自分の足で歩きたいという人間の欲求が描かれていました。

 

 

楽して、動けるのに、あえて動きたい。

いや、この気持ちは、何となくわかります。

 

 

日本でも超高齢化社会を迎えようとしていますが、

介護全てをロボットに代替してもいいわけではありません。

 

介護の中にもロボットに置き換えるべき仕事はたくさんあります。

でも、その中にも人間味は残したいですよね。

 

無機質な扱いを受けると人間病んじゃいますよと。

 

この映画は1993年公開だそうですが、

ロボットを代表するテクノロジーは使い方によっては、

良くも悪くもなります。

 

 

 

シンギュラリティの生き残り戦略をシェアします!!

シンギュラリティと人工知能と人間のありかた。半数が無職の時代にどうやって優位に生き残るか

Pocket