Pocket

なぜ専業スロッタ―が幸せになれないのか

二つの面からの自由が必要になる。その二つが内部からくるものと外側からくるもの。

内側からくるものが感情面もものが多く主因が自分にあるもの

外側からくるものが他社からの見られ方っだったり他人との比較であったりする

 

内部的な原因

最近の自分の感情から推測するに内部的な原因としては

自由や幸せには3つの要素が必要なんですね

・経済的自由
・精神性的自由
・時間的自由

幸せ=自由=選択肢が多い状態と考えてください。

 

お金だけ とか

お金と時間 とか どれかが欠けていてはダメなんです。

 

お金を稼げば幸せ=自由になるのであれば、
宝くじで高額な賞に当たった人の9割が破産して不幸な道を歩むはずがありませんし、
専業スロッタ―がつらいわけがありません

 

では、スロッタ―の場合、本当の幸せ=自由には何が足りないのでしょう。

それは、環境に影響されずに心の自由を保てる精神のことです。

そう精神的自由です。

 

 

最強の自由とは、お金があって、心の自由を保っていられることだと私は思うのです。
私は度々、精神の進化の段階(以下ステージ)を上げることをオススメしています。

その理由は、ステージを上げた先に本当の自由があるからです。

 

 

私は過去「自由きままに生きていければ自由だ」と思っていました。
お金や時間に縛られない生活が自由だと思っていたのです。
しかし、いざ会社を辞めて稼げるようになると、逆に不自由になってしまったのです。

何をしても良いがために、自分の欲を満たすために生きるようになってしまったからです。

 

「いいなぁ」と思うかもしれませんが、時間やお金があったらあったで、

自分で自分を律する必要が出てくるから大変です。

人間は何もしなくてもよくなった時に堕落します。

 

そして、何のために生きているか分からなくなり、精神的な自由が無くなっていくんですね。
会社員時代は、仕事や環境が用意されていましたし、サボっていたら当然のごとく怒られました。

実はこういう制限やルールがある中で生きていた方が、悩まないで済むので精神的には自由なのです。

 

なぜこういうことが起きるかというと、人は選択肢が多いと混乱し、悩むからです。

悩むことによって精神エネルギーを消耗するので、上手くいかなくなるのです。

 

だからといって会社員が良くて起業するのが悪いとか、昔の人のようにやることを絞らないといけない、という話ではありません。

実際、起業して自由になる人もいます。しかし、自由になるには絶対に起業しないといけないわけではありません。
要するに「何をやっているか」よりも、どういう「意識」でやっているかの方が、自由度に関係があるのです。
つまり、ステージを上げることで周りの環境が変わっても、常に心の自由を保っていられるようになるということです。

 

次の世界を考えるために参考になるもの 新世界 ←これでしょ

 

スポンサーリンク

外部的原因

外部的原因は他人との比較や他社からの見られ方で 幸せ=自由で ないと感じてしまいます。

 

外部的に永遠の精神的自由を感じるには、世界のネットワーク(壮大な繋がり)を

①感じること

②与えることです

この二つが必要になります。これは外部的世界を味方につける生き方です。

 

逆に、この世界のネットワークから遮断されている人は苦しみが増えます。

たとえば、世界から奪っている人や、世界との繋がりを感じられていない人のことです。

もし、仮に、あなたがたった1つでも周りの人に何かを与えたら、

それはあなた自身にも与えることになるのです。

そして、その瞬間、心の奥底から自由を感じることが出来ます。

 

要するに社会の役に立つことをやろうって事

それが内部からくるもの、外部からくるものの両方に対して 精神的自由を与える事になる

スポンサーリンク

Pocket