Pocket

そろそろせどりで利益が出てきている頃だと思います。

 

今回の記事ではせどりの次の世界をテーマに話すんですが、
非常に重要な話をしますので、是非何度も読み返してください。
まず、せどりのおさらいです。

 

せどりって
スマホのツール(無料)や、専用機械を使って、
並んでる商品のバーコードをピっとやって
Amazonでの値段と比較して、高ければスルー、
安ければ買ってAmazonで売る、というのを永遠に繰り返す作業です。

 

 

私もビジネスの始めのステップで取り組みましたが、

あえて言うと、

「これ、誰が実戦しても変わんないんじゃね?」
という事です。

 

せどりは、作業時間さえきちんと確保できて、

軍資金がそこそこあれば誰でも稼げます。

(600万/年程度。。。かな)

 

せどりを実践する際には

1つのノウハウだけを学ぶのもいいのですが
どうせやるなら、徹底的に色んなジャンルを学んでみたらどうかと思います。

 

 

1つ得意ジャンルを作ったら基本的な考え方は分かるわけですから、
どんどん他のジャンルを実践し、それぞれがどう繋がっているか?を見ていく事で、「物販の本質」が分かって来る筈です。

 

 

また、どんな商品が売れているか?という流れを追いかけていく事で、
時代の流れが見えて来る筈です。

 

せどりってどうしても結果がすぐ出てしまうので
再現性がよく簡単に稼げますが、稼いで自由になるって事で終わらずに

 

 

もっと大きな「自分の理想の世界」があって、そこに行く手段の1つ(あるいは1つのステップ)として、

せどりがある、という認識をもってほしいのです。

 

 

理想の世界、とは、
「稼げて自由になる」
とか、そういった事ではありません。

 

せどりは時間労働さえすればそこそこの収入が得られるので、
それでもう安泰だと思い、新しいビジネスを学ぼうとしなくなるのです。

 

 

せどりで結果が見え始めたら、

新しいビジネスの事も視野に入れてみてはどうですか。

 

 

初めの内は、

せどりと新しいビジネスが完全に異質なものに

見えてしまうかもしれませんが、もっと抽象的な思考が

できるようになればいろんな所で繋がってきます。

 

今は右も左も分からなくても全然いいのです。

でも、それで

「自分にはそんな大きなビジネスは無理です。
細々と一定の収入が得られたらもう十分です。」

みたいな事を言って、自分の限界を決めてしまうのは非常に勿体無い。

 

最初のステップとして、ならいいんですが、
最初からそれを「最終ゴール」としてしまっていると

 

本当に勿体無い。

 

勝手に限界を決めないで、
もっと次元の高いところを常に見据えているだけで、
見ている世界は全然変わります。

 

せどりって、時代の流れに左右されやすく、
例えば1つのジャンルだけに絞っていると、
それが飽和した時にすぐに稼げなくなってしまいます。

 

もちろん、もっと本質を捉えて、
色んなジャンルを横断できたり、付加価値を付ける様な事ができれば
自由度はかなり高まります。

 

そして更に次元を上げるのが、
「人に教える」
という事。

 

そしてそれよりも更に次元を上げたものが
「コミュニティ化」
です。

 

ここまで目指すべきなのです。

 

じゃないと、自分の収入がどれだけ増えても、
永久に「安心」はできません。

 

 

僕は

日常の全てがコンテンツとなり、その付加価値で

社会貢献する事を理想の世界としてビジネスを進めています。

(日常をコンテンツ化するためには自分の視点などを広げる必要があります)

 

人それぞれ理想の世界を持っていますし、

 

理想の世界への道のりはたくさんありますが、

 

1つの案としては情報発信があります。

 

 

日常の全てがコンテンツとなる世界に興味ありませんか。

そんな世界に興味のある方は是非こちらのメルマガに登録してください。

 

メルマガ登録はこちら:理想の世界へ

 

こちらのメルマガでは

みなさんと一緒に成長できるようなコミュニティ作りについての

情報を無料で配信してます。

理想の世界へ

 

 

スポンサーリンク

Pocket