Pocket

仕事が終わった後に人生を充実させるために行動がとれていない人が

行動に移す事ができるようになる方法を教えます。

 

行動が遅くなかなか副業やビジネスで結果がでていない人の多くは

体の疲労感が原因で動けていないのかなと思います。

 

 

副業をやっているあなたはやる事がしっかりできていますか。

そして結果がでていますか。

 

 

まだ結果がでていないのであれば、

疲れにくい体を作る事で仕事や勉強でも疲れず集中が切れない、

そんな状態がつくる事で、今の状態を変える事ができるのではないでしょうか。

 

 

疲れにくいカラダを持っている人は

幸福度が高くカラダもスリムで収入やメンタルも安定しているといわれています。

そして健康的に行動しているので風邪をひいたり病気になることも少ないです。

 

 

 

では、疲れにくい体を作る方法の説明に入っていきます。

 

 

 

 

メンタルの疲れがをなくすために

 

 

 

疲れには、精神的な疲れと肉体的な疲れがありますが、

とくに精神的な疲れは、肉体的の疲れにも連動しています。

 

そうすると余計に行動力も減り、行動力が減ったことにより更に自己否定するようになり精神的にもまた追い込まれるというネガティブなループに陥ってしまうようになります。

 

 

現代人の疲れはメンタルからの原因が多いのではないかという研究があります。

 

その研究によると実際にセルフコントロール能力が高い人は、

幸福度も高くカラダもスリムで収入もメンタルも安定し良いことばかりです。

恋愛や夫婦関係においても、セルフコントロール能力の高いパートナーといることは関係を維持するためにもお互いの生活の充実にもとても良い効果があるということもわかっています。

 

 

実際にセルフコントロール能力が高い人は

ビジネスで成功する確率が高いです。

 

それは自分を律して行動ができるからです。

 

人生にネガティブな結果をもたらす行動や行為を自然と避けて、

生活に一定のリズムをつくる習慣化ができるので、

結果として安定して活動できて体調も良い状態が持続できるわけです。

 

 

 

セルフコントロールを鍛える方法のひとつは瞑想です。

瞑想をすることで心身の融合ができ集中力を発揮でき生産性が上がります。

瞑想を続けると、感情をコントロールする脳力が鍛えられ

マインドフルネスを作りだすトレーニングになります。

 

 

 

瞑想をしてセルフコントロールを高める事で

毎日コツコツと取り組む習慣化をつくり

ビジネスで成功する環境を作っていきましょう。

 

 

 

テストステロン増やして強い心身を作ろう

 

テストステロンは化学式、C19H28O2の男性ホルモンの一種です。

 

テストステロンが増えると、筋肉、骨、造血、発毛の他、

気分障害、認知機能、循環器疾患、メタボリック症候群などなど

心身に大きな影響を与えるホルモンです。

 

 

テストステロンが高い人は感情をコントロールでき

チャレンジもするし、競争心もあり、そして我慢もできる。

ビジネスの前線で働く人にこそ求められる資質を左右しているのです。

 

 

 

テストステロンを高めるには、

適度な運動を維持することと、十分な睡眠、規則正しい生活リズム、ストレスを溜めない健康的な生活習慣が必要です。

 

 

逆に申しますと、「食生活」「睡眠」「生活リズム」「ストレス」「運動」の要素で何が欠けても、テストステロンの分泌にリスクが生じます。

 

 

 

 

だからまず、ビジネスで成功するためにあなたに習慣化してほしい事は

 

・瞑想

・適度な筋トレ、高付加トレーニング(3日に1回)

・バランスの良い食事(タンパク質、亜鉛、コレステロールの摂取)

・十分な睡眠をとる(6時間以上)

・ストレスをためない

 

 

食事は脂肪過多になり過ぎないように、低い脂肪率を維持しながらがよいです。

だからといって炭水化物を抜いた食事ばかり食べていると、テストステロン値は下がります。

 

そのため炭水化物抜きの食事はやめた方がいいですね。

Pocket