Pocket

PPCアフィリエイト広告の書き方

広告の書き方はターゲットに応じて2つの書きかたがあります。ターゲットがその商品の事を知っており、躊躇なく購入することが予想される場合はトレンド型のページで誘導します。買う事がほとんど決まっている人には長々として説明は野暮ったいだけなのですぐ購入リンクに誘導できるトレンド型をつくります。

関連ワードで呼んできたユーザーの場合は悩み訴求型でページを作成する必要があります。まだ購入に至るまでにステップを必要としているので、商品を説明する事で購入につなげていきます。

 

悩み訴求型

QUESTフォーミュラに沿って書く

他:問題提起→あおる→問題解決 予測 勝ち組、負け組

QUEST

http://kangoshi.red/area2/UCNITANB.html

こんな感じに分類できるのかな。

先生にもらった広告です。色々勉強いたします。

 

解決したい

原因はコレだよ

コレで解決できるよ!だってこんなに●●が入っていて●●が原因の●●に効くんだもん

ホラ!コレ見てごらん ←これが重要

「自分もそうなれる!」(成功体験の妄想)

欲しい!

 

【商品セールスの流れ】
 
 
1、ターゲットを明確化し、見込み客の注意を引く
 
2、悩みが解決された理想の世界を具体的にイメージさせて、強く憧れさせる
 
3、どうすれば悩みが解決できるのか(理想の世界を手に入れられるのか)、理屈を理解してもらう
 
4、自分の商品がそれを実現できる商品であることを証明する
 
5、見込み客の抱く不安を払しょくしてあげ、背中を押してあげる

 

 

トレンド型

 

ブラウザチェック

パソコンでスマートフォンサイトや携帯ページを見る方法

実際にスマホ・携帯を持ってない人でも様々な媒体でサイトを見る事が出来ます。
色々なブラウザでチェックする事は大事なので、色々な画面の大きさの媒体でチェックするようにしましょう。

ファイアモバイルシミュレーター FireMobile Simulator

GoogleChromeブラウザやFirefoxブラウザで使う事が出来るアドオン
FireMobileSimulatorを使います。

 

インストールすると、こんな感じで右上にアイコンが出てきて、クリックすると、携帯機種やiphoneやらが選べます。
ボタンが無い場合は、「設定」→「拡張機能」の中を見て下さい。

ブラウザを選択して、アイコンが点灯した状態でサイトを見ると、任意の携帯、スマホブラウザでWEBページを見る事が出来ます。

自分のブログのスマホページ、携帯ページの確認に使ってください。

GoogleChromeブラウザのデバイスモードでシミュレート
Googlechromeの機能だけでも閲覧は可能性になりました。

手順としては、
ページの任意の部分で右クリック→「要素を検証」

左上のスマホマークをクリックします。

 

そうすると、こういったデバイスモードの画面になります。

サイズを自由に変える事が出来、各モバイルでのチェックが出来ますね。

 

左上の「Device」から
各デバイスを選んで確認も出来ます。

 

様々なモバイル端末でサイト閲覧のシミュレートをしてみましょう。

チェックする方法はブラウザチェックツールを利用したりも出来ます。

Browserling
(URLを入れて、各ブラウザのマークとブラウザのバージョンをクリックしてRunを押してください)

他にも色々ブラウザチェックツールはあります。
検索で「ブラウザチェック」と入れれば見つかるはずです。

同じブラウザでもバージョンによって違う事があるため、最新でないバージョンをチェックする時は、ブラウザチェックツールがお勧めです。

 

グーグルクロームで他のブラウザを開く

グーグルクロームからボタン一つでチェックできるツールがあります。
それがIE Tab!

 

サイトを作成する型

Qを始める35個の見出しの型(サイトタイトル)

「ご紹介」で始める・「発表」ではじめる・発表のニュアンスがある言葉を使う・見出しを「新」で始める・「いま、さあ、ついでに」で始める・「とうとう、いよいよ」で始める・日付や年を入れる・ニュースネタ風にする・価格をメインにする・割引価格をメインにする・特価品をメインにする・支払いの簡単さをメインにする・無料提供をメインにする・役立つ情報を提供する・「エピソード」を伝える・「○○する方法」とする・「どうやって、このように、どうして」とする・「理由、なぜ」を入れる・「どれ、どの」を入れる・「他に(誰か)」を入れる・「求む」を入れる・「これ、この」で始める・理由の「~だから」をいれる・仮定の「(もし)~なら、(もし)~しても」をいれる・「アドバイス」という言葉を入れる・証言スタイルにする・読み手を試す質問にする・1ワード見出しにする・2ワード見出しにする・3ワード見出しにする・いまはまだ買わないように伝える・広告主から相手に直接語りかける・特定の個人やグループに呼びかける・見出しを質問形式にする・ベネフィットを事実と数字で伝える。お前に○○は無理だって言われたけどできたんです。あなたも○○を手に入れたくありませんか。○○で○○になれました。あなたは○○ですか。私はどのように○○したか。○○する方法。あなたが○○なら○○できます。○○の秘訣。たとえ○○でも、いまや多くの人が○○しています。警告○○。○○してくだされば○○します。○○する○○通りの方法。

*PPC用ではないのものもあります。

Q冒頭を始める(赤字部分)

効果のあるコピー13パターン

・単刀直入なコピー:クライアントからの情報をシンプルかつ論理的に説明するもの。・エピソードコピー:エピソードを書く

・「あなたと私」コピー:消費者に直接話しかけるスタイル。・想像力を膨らませるコピー:想像力に富んだ言葉で説明して相手の関心を高める。・事実そのものずばりコピー:・事実+独自スタイルのコピー:独自の文体に事実と売り込みが混ざっている。・ありのままを伝えるコピー:長所だけではなく短所も書く ←思考が直接ルートになるので私はどーなのかなと思う。がいいよ。・べた褒めコピー:思いきって、できるだけ大声で自画自賛する。裏付けとなる事実があることが必要。

・署名入りコピー。・書籍タイトル風コピー:・ティーザーコピー:売り込むのではなく一旦やめとけという感じの内容

・記事コピー・競合比較コピー

*PPC用ではないのものもあります。

 

コピーの売り込み効果を高める20の方法

・現在形で相手を中心にして書く。・小見出しを上手く使う。・ビジュアルの下にキャプションを入れる。・わかりやすい表現を使う。・簡単な言葉を選ぶ。・情報を無料提供する。・スタイルコピーとセールスコピー。・好奇心をそそる。・具体的なコピーにする。・長いコピーにする。・実際に必要なコピー量より多めに書いて削る。・競合相手の特にもなるような表現は避ける。・通販の手法をダイレクトメールに応用する。・誇大or控えめ。・小手先のキャッチフレーズは避ける。・他の人の意見を聞く。・「担当者がお伺いします」と書かない。・通販カタログのセールスコピーを研究する。・どの広告でもすべてを説明する。・相手の行動を強く促す。

*PPC用ではないのものもあります。

 

反応が上がる32の方法

・オファーを見出しに入れる。・「無料」という言葉を強調する。・オファーを小見出しに入れる。・パンフレットやサンプルを写真でみせる。オファーをコピーの冒頭で示す。・パンフレットのタイトルでひきつける。・提供するパンフレットを効果的に説明する。・パンフレットに有名人のまえがきを入れる。・利用者の証言を入れる。・オファーに色をつける。・クーポンを入れる。・クーポン自体の価値を明記する。・クーポンにもセールスコピーをいれる。・どの広告にも応募先は2箇所以上いれる。・電話番号を入れる。・注文用のFAX番号を目立だせる。・購入義務は一切ないことを強調する。・ある種の情報は中身がわからないようにして送る。・いますぐ行動をするように促す。・料金受取人払いの返信はがきを付ける。・2つ折りクーポン(返信はがき)をいれる。・新聞折り込みを利用する。・オファーを何種類かテストしてみる。・オファーを何種類かテストしてみる。・広告を何種類かテストしてみる。・最適の媒体を利用する。・色々な層からおいしいとこどりをする。・もっとも効果的な広告さいずを選ぶ。・長いコピーにする。・1番効果的なシーズンを活用する。・新聞・雑誌の1番効果的な場所に掲載する。・通販のカギ付き広告を研究する。・結果を記録する。・

 

*PPC用ではないのものもあります。

 

cf:ザ・コピーライティング(コピーライてィング)

 

効果的な訴求

・収入を増やす。・お金を節約する。・退職後の生活の安全。・もっと健康に。・医療対策。・老後の安心。・仕事やビジネスで成功する。・名声。・喜び。・家事をもっと楽に。・もっと余暇を。・快適さ。・脂肪を減らす。・心配から解放される。・他社と同じでいたい。・お買い得品である。

焦らせる:(数に限りがある。ほとんどの方が購入さてています。購入されるのは○○の方だけです。○○でないと購入できません。限られた方だけに○○の資格があります。ゆるぎない信頼性を示す)。ROI:(return on investment)。自尊心に訴える。(ファックス番号を聞かれても持っていなければどうやって言い訳しますか?「あそこは遅れている」とクライアント・顧客・納入業者・仕事仲間に思われたく平気ですか?成功していて、経験豊かで、全米のビジネスシーンをリードするトレンドに通じている、と思われたくありませんか?)しっかり保障する。

繰り返し伝える(単刀直入な説明で、例を挙げて、実話で、証言・証明で、お客・専門家・その他の代弁者の言葉の引用で、番号を振った要約で)

cf:参考サイト

具体的な訴求をする。

 

量を売る:例(リンゴ)×「リンゴ一個で医者いらず」 ○リンゴに含まれるビタミンやミネラルをすべて書き出し、どう健康にいいのか全部について書く。そして同じ栄養を他の食べ物から摂取しようとしたらどれだけ食べないといけないかを書く。

 

このPAD効果は、継続性を持った商品であれば、会員権だけではなく様々な商品に適用することができる。例えば、以下のように、、、。

  • 健康食品:1食当たり○○円
  • サプリメント:1回当たり○○円
  • マーケティングソフトウェア:1日当たり○○円
  • コンサルティングサービス:1日当たり○○円
  • 英語教室:1回当たり○○円

5.お申し込みボタンを赤、または緑に変える

ポイント

書く商品の名前から始めてかく。で後から削る。

「この本は、思っていたより、もっと効果的なコピーを書く方法です」。とかいて、この本は、思っていたより、を削る。

これをすれば訴求する点がずれなくなる。

 

ヤフーリスティングは審査基準がばらばらでしょぼいので

1キーワード、1広告、1サイトでつくらないと下のような審査結果になることもあるので注意。

大量キーワード、大量広告、1サイトで掲載していた結果こうなりました。対策考え中。。。

リスティング結果

僕は広告を SIRIUS で作成してますが

メモ帳とかで作成しても良い

 

<<前へ   PPCアフィリエイト入門 TOP   >>次へ

スポンサーリンク

Pocket