Pocket

今回の記事ではグーグルアナリティクスの

ウェブマスターツールの登録、設定、解析方法を解説していきます。

 

 

まずはグーグルアナリティクスについて説明します。

 

収益化を目指すサイトを運営する場合、

アクセス解析ツールは必ず導入しなければいけません。

 

 

アクセス解析ツールとは

あなたのサイトの利用者の訪問状況、流入経路、

行動パターンなどの貴重なデータを把握するツールです。

 

 

 

サイトアフィリで稼ぐために絶対に必要な

実践 → 結果 → 分析 → 実践 → 結果…

という過程の「結果」と「分析」を進める段階で必要になります。

 

 

 

そこで今回、紹介したいのはGoogleアナリティクスです。

アナリティックスは誰でも無料で使える高機能なサイト分析ツールです。

 

 

 

データの蓄積量が増えるほどGoogleアナリティクスで解析できる要素が多くなり、

ウェブサイトを改善する手がかりが数多くもらえます。

 

 

 

まずはアナリティックスに登録をしましょう。

登録方法:https://wacul-ai.com/blog/access-analysis/google-analytics-setting/ga-beginner/

 

 

登録後はトラッキングコード(アクセス取得タグ)を

ブログのヘッダーに貼り付ければOKです。

 

 

アナリティックスでは以下の情報を見ることができます。

分析して使いやすいサイトを作っていきましょう。

 

・サマリー 全体的な要約・まとめ。ユーザー→サマリーで見ると、訪問者数・PV数などがすぐ見れます。

・ページビュー(PV) サイトのページ見られた数、1アクセス=1PVと認識する場合が多い。

・訪問者数 見られたページ数ではなく、ユーザーが30分以内に数ページ見た場合は1訪問とカウントされます。

・ユーザー数 指定した期間内にアクセスしたユーザーの数、同じ人が数回訪れても1カウント。

・訪問別ページビュー 1訪問に対しての平均PV数。

・直帰率 訪問したユーザーが、そのページだけ見て離脱した確率。

・オーガニック検索 集客→キーワード→オーガニック検索で閲覧可能。検索エンジンの事。

・参照元・参照トラフィック 他のサイトからリンクを辿って訪問してきた場合の、リンク元のサイト、URL。

・ノーリファラー 検索エンジンや参照元の無いアクセス。お気に入りなどからの直接訪問です。

 

 

 

次はウェブマスターツールを登録に移っていきましょう。

 

 

Googleアカウントがある人はその共通アカウントを使ってください。

GoogleアカウントはGMAIL、Youtube、Adsense、Analyticsなどと同じものを使いましょう。

 

 

ウェブマスターツールは、Googleが提供してる「Webサイト管理システム」です。

 

 

これに登録しておく事で、Webサイトの不具合などをいち早く発見出来たり、

アクセス状況を把握出来たり、サイトのペナルティ状況、SEO(検索エンジン対策)などにも役立ちます。

 

 

GoogleAnalytics登録済なら、「Google Analytics アカウントにリンク」で一発で認証できるので、

Analyticsに登録してからウェブマスターツールに登録するといいです。

 

 

ウェブマスターツールの登録は1ツールにつき1サイトの登録としてください。

 

ウェブマスターに登録するとGoogleにサイト情報を与えるので

もし、1つのサイトで警告やペナルティがあった場合

連鎖的に、登録サイトに影響が及んでいく可能性があります。

 

 

 

それを防ぐためにウェブマスターツールは1ツールにつき1サイトの登録としてください。

 

 

ウェブマスターツールの中でも非常に有用性が高いのが

「fetch as Google(フェッチアズグーグル)」という機能です。

 

fetch as Google(フェッチアズグーグル)では、

サイトの情報をいち早くグーグル登録することができる機能です。

 

 

今回の記事では色々な機能を簡単に紹介しました。

詳しくは下のサイトを参照してみてください。

 

ウェブマスターツールの登録:http://www.netyasun.com/master/google.html

ウェブマスターツールの使い方:https://lblevery.com/sfn/attract/wmt/

Featch as google:https://seolaboratory.jp/38055/

Pocket