Pocket

今日はどういった物にお金や時間を使うと、

幸福に感じるようになるかを紹介します。

 

忙しいと人は不幸を感じるようになります。

 

勉強でも仕事でも、

忙しいという人は、

時間の使い方が悪いのと、

その時間当たりの密度が低くなります。

 

ある研究結果によると、

時間に追われる感覚を持つだけで

作業効率が30%程度低下するという事が分かっています。

 

 

時間は有限な貴重なリソース(資源)ですから、

有効に配分していかないともったいないです。

 

 

お金は時間を得るための道具だと考え、

自由を買うようにしましょう。

 

それが結果的に幸せに繋がるし、

仕事の進捗もよくします。

 

 

見栄を張りたいだけで高級車とか高級時計を買っても意味がありません。

 

では、時間をお金で買うというと何があるのかというと。

例えば、

 

 

掃除で言えばルンバであったり、家事代行サービスであったり、

食洗器であったり、乾燥機付き洗濯機であったり

 

ルンバ:https://amzn.to/2OgcGF5

食洗器:https://amzn.to/2OO9pw0

乾燥機付き洗濯機:

 

しわになりにくい服であったり、作業の外注化であったり。

 

とりあえず、

一通りこれらはそろえて使ってください。

 

 

時間は有限な貴重なリソース(資源)ですから、

雑務に時間を取られていてはもったいない。

 

 

 

経営者のあなたのやる事はなんですか。

 

 

日常の雑務ではないはず。

 

雑務であっても脳内のリソースはそこに永遠に割かれていて、

ずっと頭の右上に残っているような感覚で、

過ごすことになります。

(マルチタスクは悪だという話をした事があるかと思いますが、

それに一致する内容です)

 

これでは、フルパワーは出せなくなってしまい効率が下がります。

本業に集中できる環境を作る事が大事です。

 

 

あときれいな環境はエネルギーが高い空間になるので、

ルンバとかで自動で掃除して、きれいな状態が保たれるっていう事は

人生の活力を得るためにとても大事です。

【時間を作るには】

 

 

1.時間を作る(厄介ごとを減らす)

2.焦りを無くす

 

この2つがあげられます。

 

 

1の時間を作るの解決方法は、

先ほど話した日常作業の効率化があげられます。

 

 

 

2の焦りを無くすの解決方法は、

他人に親切にすること。

 

 

他人に親切にすることに時間を使う事で焦りの感情をリフレーミングする事ができます。

 

焦っている⇒親切にすることに時間を使う⇒時間がない中でも親切にできる⇒

時間がなくて焦ってわけないんだ⇒時間に余裕あるんじゃん。

 

ってな感じで感情をリフレーミングすることができます。

結果、焦りがなくなり作業効率が上がります。

 

焦っている感情を違う意味にリフレーミングする

これだけで25%も時間飢饉を減らせるようです。

 

他人のために時間を使うことは時間に余裕を感じるために有効な方法です。

 

1日15分だけでも他人のために時間を使うと2倍も

時間の余裕を感じる効果がある。

 

実際に時間があるかは関係なくて時間があるという感覚を身につけることで

生産効率が上がるようになります。

時間がないと幸福感が落ちるといった研究結果もあります。

 

通勤時間が22分増えると、

そのストレスに見合った金額は給料の33%に匹敵するようです。

 

 

それだけ時間が幸福に対しての影響力は大きいといえます。

お金を稼いでも幸せなれない人が多くいるのは時間が足りないからです。

 

自分がコントロール出来る時間を作ることが幸せに繋がります。

 

そのためにあらゆる自動化手段が必要で

そもそもあなたがやる必要がない事は、やらなくて良いようにする事にお金を使うと良いです。

 

 

それが

 

ルンバ:https://amzn.to/2OgcGF5

食洗器:https://amzn.to/2OO9pw0

乾燥機付き洗濯機:

業務の外注化:

 

であったりします!!

Pocket