Pocket

人は誰しも、何かをしようと思ったら必ずエネルギーが必要です 。

勉強でも、恋愛でも、ビジネスでも。

 

エネルギーとは、人が生きていく上で必要な活力であったり、

意志力、お金、知恵、ノウハウ、出会い、才能、やる気、などなど、

色々なものに変換され、また、循環するもの全てを指します。

 

エネルギーの概念はとても広いです。

食事、環境、考え方、、、、小さな変化でエネルギーは大きく好転しはじめます。

 

人生が上手くいっている時は、エネルギーの高い状態の時と考えてください。

エネルギーを高めてそういった状態を作っていこうというのが今回のお話です。

 

 

どんなに良いノウハウを実践しても、エネルギーが低い人はうまくいきません。

エネルギー切れの状態で、モチベーションが続きません。

 

 

一方でビジネスで成功できる人は、エネルギーが高く放っておいても勝手に成功します。

 

上手くいかない人が、うまくいかない原因のひとつは

「どこかでエネルギーが漏れている」からです。

 

 

例えば、「感情」です。

 

エネルギーを感情に変換させた時、

多くのエネルギーを消費している事になります。

 

それは、

「悔しい」「辛い」「腹が立つ」と言った、

ネガティブな感情だけではなく、

「満足感」、さらには「わくわく」まで、

大きなエネルギーを消費してしまうというのです。

 

 

 

 

感情の動きでエネルギーの消費量が変わる

 

感情の変化は大きくエネルギーを奪います。

 

例えば、クレーム対応です。

相手のお客様の理不尽な怒りに対して、

同じようになって怒っていては、

大きく気分を害して大幅にエネルギーを奪われてしまいます。

 

 

むしろ、なぜお客様は怒っているのかとか

どうすれば怒らなかったのかとか

これは自分を成長させてくれるためのチャンスだとか

試練を与えてくれてありがとうとか。。。etc

 

 

捉え方次第で世界はかなり変わります。

 

 

「怒り」という感情が「感謝」に変わるわけですから、

エネルギー的には大きなプラスです。

 

 

 

 

 

エネルギーを節約する習慣化。

 

 

めんどくさい事でも、

習慣化してしまえば長く続ける事ができるようになります。

 

例えば毎週水曜日にジムにトレーニングに行くといった

事も始めた頃は気が乗らない日も多いです。

 

でも1か月、3カ月と続けていくと無心で行けるようになったりしませんか??

 

そう、これが習慣化の力です。

 

何か行動をしようと思ったとき、初動が一番力を必要とします。

起電力が一番エネルギーを使うわけです。

 

 

でも習慣がひとたび出来上がってしまえば、

それをやる事に大したエネルギーを消費しなくなります。

 

エネルギーを使わなくなるので、

他の事にエネルギーを使えるようになるのです。

 

習慣化する事でエネルギーを節約する事ができるのです。

 

習慣化もコツがあります。

 

 

 

・66日間でたいていの習慣は身につく

・シンプル(ベイビーステップ)にすると身につきやすい

・習慣化したいことを1つずつにしぼること

・習慣化のためには、トリガー+時刻+場所を固定するところから

 

 

エネルギーの話は一杯したいので、

興味がある人はまた見にきてください。

 

 

 

 

 

エネルギーについての講座もやっているので

こちらの登録もよろしくお願いします。

http://livemyself.xsrv.jp/cyfons/formadd/?group_id=7

Pocket