Pocket

ビジネスに取り組んでいる時間があまりない方でも
できる時間の有効な使い方、問題解決方法を
お送りします。

今回のテーマはこちら

・隙間時間
・習慣化
・エッセンシャル思考

では今日も学んでください。

 

隙間時間

 

携帯ゲームに代表されるパズドラやモンスト、ポケモンGO等が
成功してきた要因として大きいのが、
「スキマ時間にプレイさせる」
というスタイルを取らせている、という点なのです。

 

情報ビジネス(コンテンツビジネス)において、
昔と今とで大きな違いがあって、
今の時代、昔のように、莫大な時間を最初から注いではくれない!のです。

 

昔は、ロクヨンとか、Wiiとかを買って、家で何時間もプレイしてくれるのが普通でしたが、
今や、携帯ゲームの様に片手間、すき間時間だけ楽しむ。
そんな人が増えているように感じます。

 

隙間時間の使い方という観点でいえば、
携帯ゲームのライバルは、Wiiやプレステだけではなくて、
テレビであり、youtubeであり、ニコニコ動画であり、
少年ジャンプであり、Facebookであり、メルマガです。

 

ようするに、ゲーム同士で戦うのではなく、今は、
「いかに、限られた『余剰時間』のシェアを獲得できるか?」
が大事になってきます。

 

「余剰時間のシェア」とは何か?

そもそもシェアとは、「占有」と「共有」の2つの意味がありますが、
シェアを獲得する、にも、この2つの意味が同時に含まれます。

 

つまり、
・電車に乗っている時
・会社で仕事中にトイレに行って一息ついている時
・家に帰ってご飯をたべた後、お風呂に入る前のぼーっとしている時

 

こんな、1日の中で10〜20分程度の少し余った時間、
これを何に使ってもらうか?が大事になってきます。

 

「電車に乗っている」をやめてもらって時間を使ってもらうのではなく、
電車に乗っている時間と、自分に使ってもらう時間を、シェア(共有)するのです。

 

僕らのような、情報コンテンツを販売する人間の仕事は、
「本来、無駄な事に使われているエネルギー(時間)を、『自分の成長』の為に使ってもらう」
という事なのだと思っています。

 

もっと究極は、
「暇な時間を、世の中のために何かできないか?を考えてもらう時間に変えさせる」
のが僕の仕事だと思っています。

 

つまり、携帯ゲームは、僕らのライバルでもあります。
しかし、仲間でもあります。

 

ここが面白いところなのです。

 

敵にするのではなく、いかに調和していけるか?を考えれば、
他人がシェア(占有)している時間を、シェア(共有)できるのです。

携帯ゲームがシェア(占有)している時間、つまりプレイしている時間に、
ビジネス視点で考える時間をシェア(共有)させる事ができたら、
どれだけ成長に寄与できるか。

普段、余った時間があった時に、何が第一優先で来るのか?

これは、人生を大きく左右します。

1.暇(余った時間)があったらFaccebookを見る

2.暇(余った時間)があったら好きな人の事をずっと考える

3.暇(余った時間)があったら読書をする

4.暇(余った時間)があったら次のビジネスのアイデアを考える

5.暇(余った時間)があったら世の中をもっと良くするために何かできないかを考える

色々あるとは思いますが、どれが第一優先で来るかが大事です。

これが、
「自分の成長」か「世の中への貢献」
を考える、言わばそれがコンフォートゾーンになっている人は、
勝手に成長していくし、勝手にビジネスもうまくいきます。

習慣化

 

僕らの行動習慣の核となっているのは
実は思考・価値観です。

行動習慣というのはそれこそ反復や
精神論で無理やり実践することで
3週間程度で作ることが出来ます。

自分のやるべきことの
大切さが客観的に理解できると、
意欲的に取り組みやすくなるのです。

だから、僕は定期的に勉強になる事を
送って楽しく読んでもらえる発信を続けていく事で、
自分の成長に時間をシェアする人が増えていく、

そんな、価値のある情報を発信していくのが
僕の仕事かなぁと思います。

習慣に変化を与えるには
思考・価値観を変化させる必要があります。

つまり思考・価値観があなたの人生を決定します。

監督がずれた判断ばっかしてたら選手がいくら頑張っても試合に負けますし、
社長がずれた判断ばっかしてたら社員がいくら頑張っても会社は潰れますし、
将軍がずれた判断ばっかしてたら兵士がいくら頑張っても戦争に負けますが、

同様に脳がずれた判断ばっかしてたら、
肉体や精神がいくら頑張っても人生に負けます。

現在の延長線上にある未来を避けたいなら、習慣と判断基準を変えるしかなく、
つまりはそれらの元となる思考・価値観を変えるしかありません。

エッセンシャル思考

思考つながりでひとつ紹介します。

ビジネスで大きな成果を出す上で、
あるいは充実したゆとりある人生を送る上で、
非常に大切な考え方、「エッセンシャル思考」です。

エッセンシャル思考とは、「より少なく、しかしより良く」を志向する考え方です。
言いかえれば、最小の労力で、最大の成果を生むため考え方です。

やらなければならないタスクが山積みで、
いつも忙しく働いているのに成果が出ない人は、
たいてい以下の3つの思い込みを抱えています。

・「やらなくては」
・「どれも大事」
・「全部できる」

エッセンシャル思考は上記の誤った思考を捨て、
次の3つに置き変えなければならないと言います。

・「やらなくては」ではなく「やると決める」
・「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない」
・「全部できる」ではなく「何でもできるが、全部はやらない」

自分にとって本当に大事なものを見極め、
それ以外を容赦なく捨てることによって、
圧倒的な成果を最小労力で達成できるのです。

問題設定を的確にして「資源の選択と集中」を上手く行う。
そんなエッセンシャル思考の考え方を
3週間で平定されたクウェート侵攻を例に紹介します。

イラクに全土を占領されたクウェート軍人になったつもりで考えてください。

部下:「大変です!多国籍軍のキャンプ場で、
文化衝突が起こっています。」

さて、あなたならどう解決するだろうか?

実は、この問題は解決されなかった。
代わりに、部下にこう聞いた。

「そのことは、
イラクをクウェートから撤退させることと、
どういう関係がありますか。」

クウェートをイラクから解放することと
文化衝突は全く関係なかった。

必要な問題に選択と集中する事で、出せる結果が100倍変わります。

・今自分は正しいことをしているか?を絶えず自分に問いかける。
・自分で優先順位を決めなければ、他人の言いなりになってしまう
・ある種の努力は、他の努力よりも効果が大きい。努力の量と成果が比例するという考えを捨てる。
・それをやったら、他の何よりも重要な成果を得られるだろうか?ノーなら捨てる。
・もしもそれを持っていなかったら、またお金を出して買うか?ノーなら捨てる。

エッセンシャル思考は最小の労力で、最大の成果を生むため考え方です。
http://amzn.to/2cmjS0C

Pocket